HUAWEI Classic Backpack レビュー | 高級感あるミニマルデザイン、中の構造を解説してみた

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

普段の外出にPCを持って行くバッグはみなさん、何を使っていますか。

私は両手が使いたいので、手提げカバンよりリュックを使う頻度が高いです。

今回はHUAWEI MateView 28を購入したときに、おまけで付属してきたリュックについて紹介したいと思います。

ただのオマケと思いきや、いい意味で裏切られました。とても質感が高く、使い勝手が良いのです。

男爵

おまけでついてきたと思いきや、見た目がよく実際に使ってみることにしたよ。

HUAWEI Classic Backpackの特徴
  • 容量11.5Lと普段の外出に適したサイズ
  • 15.6インチ以下のPCが収納できる
  • 本体側面のファスナーより直接PCを取り出せる
  • ポケット数が多く、小物を分けて収納することが可能
  • ミッドナイトブラック / オリーブグリーンの2色展開

それではHUAWEI Classic Backpack レビュー | 高級感あるミニマルデザイン、中の構造を解説してみたを書いていきます。

目次

開封

HUAWEIの紙袋がおまけで付属
白いビニール素材の袋に封入された状態で届きました。

それでは開封していきます。今回は公式サイトよりネットで購入したので、紙袋は未使用の状態で付属してきました。白いビニール素材の袋に封入されています。

さらに巾着袋に封入されているよ

袋を外すとさらにHUAWEIと金のロゴが刺繍された巾着が出てきました。かなり厳重になっており、高級感もありますね。

HUAWEI Classic Backpackは素材に合成皮革とナイロン使われている

HUAWEI Classic Backpackの出現です。合成皮革とナイロン素材が使われています。

HUAWEI Classic Backpackの特徴

スクロールできます
商品画像
HUAWEI Classic Backpack
本体サイズ縦 31.5cm
横 41.5cm
奥行 13.5cm
本体重量約1048g
本体素材外装:ナイロン、合成皮革
内装:ポリエステル
容量約11.5L
ポケット数前面ポケット×1
内部ポケット×5
収納可能なノート
PCサイズ
15.6インチ以下
HUAWEI Classic Backpackの特徴

高級感のあるミニマルなデザイン

HUAWEI Classic Backpackは高級感のあるデザイン

HUAWEI Classic Backpackは素材に合成皮革とナイロンが使用されており、高級感のあるデザインをしています。

日頃持ち歩くリュックなので、見た目も気に入ったものを使用したいですよね。

左側面にはペットボトルホルダー
右から見たとき
右側面にはペットボトルホルダーとファスナー
左から見たとき

側面は奥行きが13.5cmと比較的薄いです。ペットボトルを収納できるポケットが両サイドに搭載されています。

容量が約11.5Lとそこまで大きいものではありませんが、普段の外出で持ち運ぶ量としてはこの薄さも含めてちょうど良いのではないでしょうか。

前面にはHUAWEIのロゴがプリントされているよ

リュック前面には「HUAWEI Designed in Paris」と小さくプリントされてます。

使用感 | 幅広の肩パッドにクッションが内蔵されている

肩パッドは幅が約5cmでクッション内蔵

肩パッドは約5cmで設計されています。内側にはクッションが内蔵されているので、重い荷物を収納した時の肩への負担を軽減してくれます。

また長さも比較的長く撮られており、ゆとりを持ってバックバックを使用することが可能です。

肩パッドにも合成皮革が使用されているよ

素材に関しては合成皮革(外)・ナイロン製(内)となっています。外側が合成皮革が使われているので見た目的にGoodですね!

男爵

実際に荷物を入れて外出してみたけど、肩が疲れるということはなかったよ!

2重ロック構造でバックパック内を汚れから守る

HUAWEI Classic Backpackは2重ロックになっている

HUAWEI Classic Backpackは2重ロック構造で収納している物を汚れ等から守ってくれます。

マグネット式の蓋を開く
蓋が開いて
さらに紐で閉じられている 
紐で閉じられている

具体的には合成皮革の蓋を開くと、紐で中が巾着のように閉じられています。

蓋はマグネットのボタン式で、勝手に開くことはもちろんありません。程よい力で開閉することができます。

紐を手に取る
ロックしてある紐を上下させる

開ける時は閉じられている紐を緩めていけばOKです。

外装素材について

ナイロン生地は汚れに強く、耐久性に優れています。

一方で合成皮革は人工的に作られた革で本革に比べて汚れ等には強いです。しかし経年劣化でヒビ割れするといったリスクがあるので、こまめな手入れが必要です。

ノートPCが側面から収納可能 | MacBook Airで試してみた

HUAWEI Classic Backpackは側面のファスナーが開く

HUAWEI Classic Backpackは15.6インチ以下のノートPCを収納できる空間が、あらかじめ設けられています。ノートPCを出し入れするたびに、バックパックを上部から開いて取り出すのは面倒ですよね。

そのためHUAWEI Classic Backpackは側面がファスナー式になっており、中へアクセスすることが可能になっています。

側面からノートPCを出し入れ可能

MacBook Air(13.3インチ)を試しに収納してみましたが、余裕で収納できました。仕事でノートPCを取り出す機会が多い方にとっては、側面からサッと取り出せるのは便利ですね。

HUAWEI Classic Backpack内の構造 | 豊富なポケット数

HUAWEI Classic Backpackの中の構造について、ポケット数が豊富だったので見ていきましょう。

中は格子状のデザインとなっている
中にはファスナーで閉じている収納場所がある

上にはファスナーで閉じられるポケットがあります。奥行きは約15.7cmでした。ここには貴重品やバラバラになると困る細かい物を入れると良いかと思います。

HUAWEI Classic Backpackは内ポケットが豊富

続いて中の構造ですが、ノートPCを入れるスペースを入れて6ヶ所に区切られています。

開口部が約25cmと割と広く設計されているので物は取り出しやすいように感じます。

HUAWEI Classic Backpackは中が小分けできるようになっている
明るく写るよう調整したよ

中のポケットが見えるようになりましたか?

メイン以外の内ポケットの数が多いので、中がゴチャつくことなく収納することができますね。

HUAWEI Classic Backpackの外ポケット
外のこの部分
外ポケットは大きく設計されている
大きいポケット

外にもファスナーで閉じられている収納場所が1つあります。こちらは比較的大きく、以下の通りの寸法です。

  • 縦:約20.0cm
  • 横:約24.4cm

財布やスマホなど取り出しやすい位置にあるポケットなので、使用する機会が1番多い収納場所だと思います。

男爵

表のポケットが大きいのは使い勝手がいいよね!ちなみにiPad mini 6がちょうど収納できたよ!

まとめ

HUAWEI Classic Backpackを並べてみた

普段の外出に使えるHUAWEI Classic Backpackはいかがでしたか。

メリットデメリット
高級感のあるミニマルなデザイン
ゆとりのある肩パッド
2重ロック構造で中の荷物を守ってくれる
ノートPCの取り出しは側面からアクセス可能
ポケット数が非常に豊富
素材が合成皮革なので、経年でヒビ割れする可能性あり

高級感のあるミニマルなデザインでありながら、価格はそこまで高くありません。

ポケットの数が豊富で収納する物を分類できる点も非常に評価できるかと思います。

あとは経年で合成皮革がボロボロになるかどうかが少し気になりますが、愛用していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次