\ 楽天スーパーセール開催中! /

Apple AirTagレビュー | 探し物に快適なスマートタグ。NFCタグとしても活用可能!

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

物探しに時間を費やすこと、物を紛失してショックを受けること。多くの方が経験をしている事象だと思います。

探す・失くすの解決手段としてAppleが販売してくれたAirTagです。

販売は2021年4月30日と1年以上前ですが、最近物を紛失しかけることが2度もあったので今回購入しました。

それではApple AirTagレビュー | 探し物に快適なスマートタグ。NFCタグとしても活用可能!を書いていきます。

AirTagのケースとフィルムの記事はこちらから

目次

AirTagとは?

AirTagの裏表にして手に並べてみた

「探す」ネットワークや、UWB(超広帯域無線)を利用して位置情報を数メートル単位で計測できる紛失防止タグ。

AirTagでできること
  • 「探す」アプリで持ち物を探すことができる
  • UWBを使用して正確な位置情報を計測可能
  • 他のAppleデバイスを使用して、持ち物が遠隔地にあっても位置情報を取得
  • 内蔵スピーカーで音を鳴らせる

スマートタグは「Tile」という競合商品があり、世界No.1のシェアを誇っています。

ただAirTagはApple製品であるという強みがあり、Appleデバイス全てと連携することができます。Appleエコシステムと称されますが、一度体験すると非常に便利で脱することは困難です。

開封

AirTagの外箱はシンプル

複数の携行品に取り付けたいので、AirTagの4個入りを購入しました。

4個入りだと1個あたりの単価が少しお得なんですよね。

スクロールできます

AirTag 1個入り

AirTag 4個入り
販売価格¥3,800¥12,800
1個当たりの価格¥3,800¥3,200
単価比較
シュリンク引っ張るのは気持ちが良い

シュリンクを引っ張って開封していきます。毎度おなじみですが、この瞬間が素晴らしい。

スクロールできます
AirTagのロゴがプリントされている
AirTag4個入りを購入
AirTagが厚紙に挟み込んで梱包してある

中にはAirTag本体が4つ丁寧に包装されています。厚紙でずれないように挟み込まれており、さすがはApple製品といったところです。

AirTag使用前は絶縁シートで保護されている
フィルムを剥がすと電池の絶縁が確認できる

使用前は電源が入らないよう絶縁シートが本体と電池の間に挟まれています。

ペアリング

AirTagはiPhoneを近づけるとペアリングを開始する

iPhoneをAirTagに近づけるだけで AirTagの接続画面が表示されます。Apple製品同士での接続性の高さには、毎度驚かされますよね。

複数の初期設定が済んでいないAirTagを同時に近づけると、うまく接続できない場合がありますので1つずつ近づけて設定していきましょう。

AirTagの名称を設定する
名称を決定したら設定中の画面に偏移する

あとは画面の指示に従っていくだけです。

完了するまでの操作は数回タッチするだけでOK!約1分で完了しました。

AirTagの特徴


AirTag
サイズ直径:31.9 mm
厚さ:8.0 mm
重量11 g
耐水性能IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分)
バッテリーCR2032コイン型電池
無線方式Bluetooth
UWB(超広帯域無線)
対応機種iOS 14.5以降を搭載したiPhone・iPodTouch
iPadOS14.5以降を搭載したiPad全てのモデル
AirTagの特徴

デザインとサイズ

AirTagは鏡面仕上げと樹脂製の素材になっている

AirTagはアップルマーク側がステンレスの鏡面仕上げ、白一色の面は樹脂製となっています。

幅は500円玉とほぼ同じ
ちょうど幅は500円玉くらい

AirTagはちょうど500円玉より一回り大きいくらいで、財布に入れても嵩張ることはありません。本体のみだとキーホルダーとして装着することができず、ケースが必要になります。

AirTagにBelkinのケースを装着
Belkinのキーリングケース
AirTagはケースを利用して物へ装着する
物に取り付ける際はケースが必要

AirTag1つ1つにケースが必要になるのがデメリットとして挙げられますが、Apple製品を裸で使うことに抵抗を覚える私にはケース有りの方がむしろ安心します。

じゃが

AirTagケースは安価なものが多数販売されているので、ケースを選ぶ楽しみもあるよ!

電池交換方法

CR2032の電池を使用
新品時はパナソニックのボタン電池が付属

AirTagは電池式となっており、CR2032のボタン電池が内蔵されています。

ステンレスカバーを反時計回りに回転
ステンレスカバーを反時計回しすると
ステンレスカバーが外れて電池へアクセスできる
カバーが外れて電池が出てきます

交換方法はアップルマークのあるステンレス製の電池カバーを押し下げて反時計回りに回転させます。

電池を交換したら逆の手順で電池カバーが回らなくなるまで時計回りに回転させてください。

Apple公式によるとAirTagの電池寿命は約1年と言われています。バッテリー残量が減ってくると通知がくる仕組みなので、忘れずに電池交換しましょう。

「”探す”ネットワーク」とは

「探す」アプリの画面表示

Appleの「探す」アプリ使用した経験はありますか。Appleエコシステムにどっぷり浸かっている人ほど、便利に使える機能となっています。

前述したUWB(超広帯域無線)での近距離の正確な位置計測に加えて、Appleデバイスによる「”探す”ネットワーク」の恩恵を受けることができます。

“探す”ネットワークとは?

Bluetoothを利用してAppleデバイスは常に周辺のApple端末の情報を取得し、Appleのクラウドへ情報をアップロードしています。

その仕組みを利用してオフラインのAppleデバイスを含めた位置情報を取得することができます。

つまり身の回りの人が使っているiPhoneなどのAppleデバイスで構築された大規模ネットワークが「”探す”ネットワーク」というわけですね。

MacやiPhone、iPadなどのAppleデバイスの位置情報が全てマップ上に表示されます。

じゃが

Appleデバイスを紛失したらこの「探す」アプリである程度の位置情報がわかるよ!

物を紛失したとき

紛失モードを有効にする
「探す」アプリから紛失モードを有効

AirTagを装着している所有物を紛失したときは、慌てずに紛失モードを有効にしましょう。拾ってくれた方に連絡先やメッセージを伝えることができます。

じゃが

紛失したくはないけど、どういうやり方なのか事前に知っておこう!

スクロールできます
紛失モードの設定画面
電話番号かメールアドレスを登録
メッセージも登録することができる

紛失モードを有効にすることで、下記の情報を登録することができます。

  • 電話番号かメールアドレス
  • メッセージ

あとはAppleの「探す」ネットワークに引っ掛かるか、拾ってくれた方がNFCで情報を読み込むことを期待しよう。

AirTagのAirTagを読み込むとURLが表示される

拾ってくれた方がNFCでAirTagを読み込むと、URL情報を取得することができます。

紛失したAirTagを拾った人にはこう表示される
URLを開くと連絡先とメッセージが表示

先ほど紛失モードを有効にする際に登録した、「連絡先」と「メッセージ」が表示される仕組みとなっています。

手元から離れたときに通知 | 置き忘れ防止に最適

AirTagから離れるとiPhoneに通知がくる
「探す」アプリから詳細情報を取得可能

AirTagは置き忘れ通知アラート機能に対応しています。

この機能は事前に設定した場所以外で、登録しているAirTagから一定距離・一定時間離れるとiPhoneに通知が届きます。

通知の条件は「位置情報を共有しているデバイスから離れたとき」です。つまりAppleIDをファミリー共有設定しているデバイスが近くにあれば通知は鳴りません。

「探す」を検証してみた

自宅内でU1チップの性能を検証してみました。

U1チップとは

UWB無線通信をするためにAppleが開発した独自チップのこと。

  • iPhone11シリーズ以降のiPhone
  • Apple Watch 6以降のApple Watch
  • AirTag

に搭載してきます。

スクロールできます
UWBで距離と方向を取得
遠い場合だとある程度の方向が
近くなってくると画面が緑に変わる
近くなると画面が緑に変わり
AirTagを見つけることができました
見つけた!

UWB無線通信は近距離の用途に限られるが、誤差数cmという高精度で対象の方向や距離を計測できます。

実際にやってみたところ、「探す」アプリ上にAirTagまでの距離や方向が表示されることが確認できました。

じゃが

ここまで高精度だと近距離で物を探すという行為を行う必要がなくなるね!

音を鳴らして探すことも可能

AirTag本体から音を鳴らして、物を探すことも可能です。家の中での探し物なら、これで1発で見つけることができます。

U1チップを搭載していないiPhone等を使用している方には、音で探すのが便利!

AirTagから音を鳴らす操作
探すアプリから
探すアプリからサウンドを鳴らすことができる
サウンドを再生

「探す」アプリより「サウンドを再生する」を選択。対象のAirTagからサウンド再生が開始します。

AirTagから音が鳴って探すことが可能

あとはサウンドが鳴っている場所を探せばOKです。

U1チップが搭載していないAppleデバイスからも持ち物を探すことが可能!

知ってた?AirTagはNFCタグとしてショートカットが利用可能

「ショートカット」アプリの中にオートメーションという機能があります。

先ほど紛失時にNFCで読み込んだ機能を利用して、「NFCを読み込む→設定したアクションを自動で実施」といった操作が行えるようになります。

スクロールできます
ショートカットアプリからオートメーションを作成
個人用オートメーションを作成を選択し
動作のトリガーはNFCをタップしたときを選択
NFCを選ぶ
NFCをスキャンする準備が完了した
NFCタグをスキャンする準備

ショートカットアプリを起動して、NFCタグをタップした時にオートでアクションを実施するように設定していきます。

今回はWF-1000XM4に取り付けているAirTagにタッチすると、PCデスクの照明がONになるよう設定しました。

NFCをタップしている様子
iPhoneでAirTagのNFCをスキャンする

NFCタグをスキャンするときのコツは

  • iPhoneの先端付近でAirTagをタッチする
  • AirTagの白い樹脂側をタッチする

NFCタグがAirTagのどの部分に埋め込まれているかわかりませんが、Appleのロゴがあるステンレスのカバー側より樹脂部分をタッチすると読み込みがうまくいきました。

オートメーションの動作を選択
AirTagのオートメーションを追加できました

PCデスクの照明はPhilips Hueライトを使用しているので、HueアプリでPCデスクの照明がONになるように設定しました。

AirTagのNFCを読み込む
AirTagをスキャンすると
デスクのHueライトが点灯する
照明がON!

作業するときAmazon Echo Show 5に「Alexa PCデスクON」と言っていたので、その工程がiPhoneでAirTagをタッチするに置き換わりました。

NFCタグは少し高価なため、AirTagをNFCタグとして利用できるのはいい意味の誤算でした。

じゃが

AirTagがNFCタグにもなるとは思わなかった!

まとめ

AirTagと外箱を並べてみた

AirTagを利用することで物を探す / 紛失するリスクが減少しました。

メリットデメリット
「”探す”ネットワーク」を利用してデバイス紛失を防ぐ
UWBを利用して高精度な位置情報取得可能
置き忘れると通知が届く
AirTagをNFCタグとして使用可能
ストラップとして使用するときはケースが必要

AirTag単体が少し高価ではありますが、失くしてショックな物 / 失くしてはいけないものに、AirTagを装着して後悔を防ぐとこをお勧めします。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

AirTagのケースとフィルムの記事はこちらから

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次