\ ポイント最大46倍! /

ESR HaloLock GEO WALLET STAND レビュー | 「探す」に対応したウォレットスタンド[PR]

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
ESR HaloLock GEO WALLET STAND レビュー | 「探す」に対応したウォレットスタンド

この記事でわかること

  • ESR HaloLock GEO WALLET STANDはどの程度探すことができるのか
  • スタンドやカードを最大まで入れたときの使用感

こんにちは!じゃが畑のじゃが(@jaga_farm)です。

キャッシュレス時代となった今、スマホ1つのみを持って外出しても困ることってあまりないですよね。

スマホ+クレジット1枚あれば鬼に金棒といってもあながち間違いではありません。

Appleからカードを数枚持ち出すことを想定したレザーウォレットが販売されているなど、少しずつ同様の製品が増えてきています。

今回はiPadのケースで有名なESRより、「探す」に対応したウォレットスタンドが販売されるということで発売前に先行でレビューさせてもらえる機会をいただきました。

カードは3枚まで収納可能。MagSafeで装着でき、無段階の角度調整可能なスタンドとして使うことができます。

じゃが

落としたときにiPhoneに通知が来るから安心して持ち出すことができるね!

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはどういう商品
  • Appleの「探す」に対応したウォレットスタンド
  • 音を鳴らして探すことができる
  • 専用の充電ケーブルで3ヶ月に1回充電することができる
  • カードは最大3枚収納可能

それではESR HaloLock GEO WALLET STAND レビュー | 「探す」に対応したウォレットスタンド[PR]を書いていきます。

本記事は ESRより製品提供を受けて執筆しています。

目次

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの特徴

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの外箱
ESR HaloLock GEO WALLET STAND
サイズ102 × 56 × 12mm
重量83g
素材ヴィーガンレザー
カラーミッドナイトブラック / キャメルブラウン
充電周期3ヶ月
(専用ケーブルでの充電が必要)
ESR HaloLock GEO WALLET STANDの特徴
ESR HaloLock GEO WALLET STANDの表
ESR HaloLock GEO WALLET STANDの裏

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはMagSafeで装着できるウォレットスタンドに、「探す」機能が搭載された失くさないウォレットスタンドとなっています。ウォレットスタンドにはカードが最大3枚入れることができます。

MagSafeに対応しており、外出時はiPhoneの背面にくっつけて持ち歩くことが可能です。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの付属品を並べてみた
付属品
付属品
  • ESR HaloLock GEO WALLET STAND本体
  • 充電ケーブル
  • クイックスタートガイド

付属品の中にはESR HaloLock GEO WALLET STANDの充電専用ケーブルがあります。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは専用端子での充電となるので、ケーブルは失くさないよう注意が必要です。

「探す」に対応したウォレットスタンド

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはAppleの「探す」に対応したウォレットスタンドです。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはMagSafeに対応している
MagSafe対応
ESR HaloLock GEO WALLET STANDはスタンドとして自立する
しっかりスタンド

MagSafeウォレットとなっており、iPhone本体やMagSafe対応ケースの背面に強力な磁力で取り付ける事ができます。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDのマグネットは非常に協力

MagSafe部分の磁力は1,500gとかなり協力で、ウォレットスタンドを持ったまま振っても外れる事はありません。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはフィンガーループを引き出して使う

手持ちの場合は背面のフィンガーループを引っ張ることで安定して使うことができます。

「探す」アプリから音を鳴らすことができる

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは探すアプリから音を鳴らすことが可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDにはAirTagに搭載されているU1チップは搭載されておらず、UWB(超広帯域無線)を利用した数メートル単位での計測はできません。

実際にウォレットを探すときは「探す」アプリより地図上のある程度の場所を見て近づき、あとは遠隔で音を鳴らして探すことができます。

また「手元から離れたら通知」という機能をONにしていれば、紛失してもある程度離れたらiPhoneに通知を飛ばしてくれます。

専用の充電ケーブルで3ヶ月に1回の充電

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは3ヶ月に1度充電する必要がある

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは内蔵バッテリーで駆動しており、専用のケーブル・コネクタで3ヶ月に1度充電する必要があります。

充電は90分と高速に充電され、再度3か月後に充電すれば数年間は使うことができます。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの充電端子は専用の設計となっている
充電端子は専用のもの
充電中は右横の充電ランプたが点灯する
充電ランプが点灯

充電は端子横にランプが搭載されており、点灯が終了すれば充電完了の合図となります。

じゃが

何度も充電して使えるのは出費も抑えられてありがたいね!

カードは最大3枚収納可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはカードが最大3枚収納可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはカードを最大3枚収納できるようになっています。

カードを取り出すときは下部の切込みを上方向に押し出す
カードは下から押し出して
カードを押し出すことで取り出せる
取り出すことができる

カードを取り出すときは下部の切り込みから上方向に押すことで、カードが飛び出て来るようになっていました。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDのレビュー

それではESR HaloLock GEO WALLET STANDをレビューしていきます。

「探す」に登録してみた

ESR HaloLock GEO WALLET STANDを「探す」アプリで登録してみた

「探す」アプリへの登録は非常に簡単で、ESR HaloLock GEO WALLET STANDの電源をONにしてiPhoneを近づければ表示されてきます。

登録方法は以下のとおりです。

  • ESR HaloLock GEO WALLET STANDの電源ON
  • 「探す」アプリから追加
  • アイテム名を登録
STEP
ESR HaloLock GEO WALLET STANDの電源ON
ESR HaloLock GEO WALLET STANDを開くと電源ボタンが出てくる
電源ボタンをONにして登録していく

ESR HaloLock GEO WALLET STANDを開くと、電源ボタンがあるので押下します。

押下すると「ピロッ」と音がなるので登録準備が完了です。

STEP
「探す」アプリから追加
その他の持ち物を追加からESR HaloLock GEO WALLET STANDを登録する

「探す」アプリを起動して、「持ち物を探す」→「右上の+ボタン」→「その他の持ち物を追加」の順に押します。

表示してきたら接続をタッチしてペアリングする

すると「ESR HaloLock Geo Wallet Stand」と表示されるので、「接続」をタッチするだけでペアリング完了です。

STEP
アイテム名を登録
登録するとアイテム名を自由に登録できる
登録するとアイコンとして絵文字を自由に登録できる

あとはアイテム名を入力していきます。一緒に持ち物の絵文字も選択することが可能です。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDのペアリングが完了した

これでESR HaloLock GEO WALLET STANDの登録が完了しました。

数回タッチするだけで非常に簡単に登録することができました。

カードを最大数3枚入れてみた

ESR HaloLock GEO WALLET STANDにカードを3枚収納してみた

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはクレジットカードサイズを最大3枚まで収納可能です。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの厚みは約11.8mmとなっている
厚みは約11.8mm

空の状態での厚みは約12mmですが、3枚カードを入れた状態でも使用感としては、変わることはありませんでした。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはカード挿入部が予め空いている
予め浮いている

それもそのはず。ESR HaloLock GEO WALLET STANDは最初からカード挿入部分の厚みが設けられており、カードを挿入しても大きく変わることがありません。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDにカードを収納していない状態
カードなし
ESR HaloLock GEO WALLET STANDにカードを3枚収納した状態
カード3枚収納

そのためカード有無に関わらず、使用感はそれほど変わらない設計になっていました。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの良かった点

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの良かった点をまとめていきます。

「探す」に対応したMagSafeウォレットスタンド

  • 手荷物が減る
  • 探せる
  • スタンド機能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはApple「探す」に対応したウォレットスタンドです。

手荷物が減る

ESR HaloLock GEO WALLET STANDを使うことで手荷物を減らすことができる
手荷物を減らすことができる

MagSafeでiPhoneに装着できるため、普段どおりiPhoneを持ち出せばいつでも手軽に持ち出せます。別でカードケースを持ち歩く必要がないため、手持ちの持ち物の数を減らせるといったメリットがあります。

じゃが

最近はキャッシュレスアプリとクレジットカードさえあれば、現金なくても大丈夫だもんね。

探せる

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは音を鳴らして探すことができる
探すことができる

万が一紛失したときも手元から離れたらiPhoneに通知が来ます。さらに「探す」アプリにある程度の場所を表示・近くに到着したら音を鳴らし探すことができます。

スタンド機能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDで縦置きしてみた
縦置き
ESR HaloLock GEO WALLET STANDで横置きしてみた
横置き

ESR HaloLock GEO WALLET STANDを普段iPhoneに装着して邪魔になることはありません。手持ちの補助のみでなく、縦横対応のスタンドとして使うことができます。

角度調整は無段階でしっかりとしたヒンジでiPhoneを支えてくれます。

充電式で長く使える

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは充電式で長く使うことができる
充電することで長期間使用可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはバッテリーを内蔵しており、約3ヶ月に1回充電することが推奨されています。

内蔵バッテリーの利点は何回も使えることにあります。

紛失タグはバッテリーが特殊な形状をした使い切りタイプも多く販売されており、電池切れを起こしたら終わりといった製品も少なくありません。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは充電式となっているので、充電は面倒ですが長く使える紛失タグです。

カードを最大3枚まで収納できる

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはカードを3枚まで収納可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはカードを3枚まで収納することができます。

「クレジットカード・定期券・交通系IC・免許証」などから3枚まで収納できるので、最小構成にすればほとんどの人が必要十分になるかと思います。

今はスマホ1つでほぼ決済可能なので、ほんといい時代になりましたよね。

スタンドは無段階で角度調整可能

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは縦横で使えるスタンドにもなります。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはしっかりと自立する
通常使うくらいの角度
ESR HaloLock GEO WALLET STANDは無段階で角度調整可能
さらに倒すことも可能
ESR HaloLock GEO WALLET STANDの真ん中のヒンジは強固なつくりとなっている
真ん中のヒンジが強固なつくり

角度はしっかりとした造りのヒンジで無段階調整可能。バランスさえ保てれば倒れることはありません。

縦置きスタンドや動画視聴時に横向きに立てることができ、iPhoneを視認できるようベストな角度で机の上に置くことができます。

またMagSafeも約200gのiPhoneを支えるのにオーバースペックな1500gの磁力を有しており、使用中ウォレットスタンドが取れることはほぼなさそうです。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの悪かった点

ESR HaloLock GEO WALLET STANDの悪かった点をまとめていきます。

AirTagのような近距離通信は不可

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはAirTagのように近距離通信には対応していない
AirTagのような近距離通信には対応していない

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはある程度の場所を把握することができる「探す」に対応しています。

近くまで来たあとは内蔵のスピーカーで音を鳴らして探すことになります。

じゃが

AirTagみたいに距離まで出たりしないから音で探す必要があるよ!

iPhone 12 / 13mini非対応

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはiPhone miniシリーズに非対応
iPhone 13 miniに装着してみた

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはiPhone12 / 13のminiシリーズにはサイズが合わず対応していません。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDをiPhone 13 mimiに装着するとサイズオーバーとなる
iPhone 13 miniだと飛び出る
ESR HaloLock GEO WALLET STANDをiPhone 14 Proに早着しても飛び出ることがない
iPhone 14 Proだと飛び出ることがない

試しにiPhone 13 miniに装着してみましたが底部がはみ出てしまいました。ただカメラ部分への干渉はなく、「使えないこともない」というのが正直な感想です。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDをどうしても使いたい方はMagSafe対応していれば使えるということになります。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはどんな人におすすめ?

最後にESR HaloLock GEO WALLET STANDはどんな人におすすめなのかまとめていきます。

ESR HaloLock GEO WALLET STANDはこんな人におすすめ
  • 外出はスマホのみという人
  • 大切なカードの紛失を防止したい
  • スタンド付きのウォレットがほしい

ESR HaloLock GEO WALLET STANDは探す機能に対応しているので、カード数枚入れておいても紛失するリスクを抑えることができます。

特に外出時にスマホのみで決済を終わらせたい人にとっては最適な選択肢ではないでしょうか。

まとめ

ESR HaloLock GEO WALLET STANDをレビューしました。

ESR HaloLock GEO WALLET STAND
総合評価
( 4 )
メリット
  • 「探す」も対応したウォレットスタンド
  • 充電式で長く使える
  • カードを3枚まで収納できる
  • 音を鳴らして探すことができる
  • スタンドは無段階で角度調整可能
デメリット
  • AirTagのような近距離通信は不可

「探す」に対応したウォレットスタンドは数が少なく、ESR HaloLock GEO WALLET STANDは貴重な選択肢の1つになります。

充電できるので使い捨てではなく、長く使えるのも大きな特徴ですね。

公式のレザーウォレットと比べて価格が安いもの選びやすくていいかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

ESR HaloLock GEO WALLET STAND レビュー | 「探す」に対応したウォレットスタンド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次