Logicool MX KEYS for Mac レビュー | MacユーザーにオススメのUS配列キーボード

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

日々のPC作業で利用しているマウスとキーボード。テレワークが始まってから自宅のキーボードの使用頻度も格段に増えました。

そんなテレワーク利用のために購入したキーボードを1年以上利用してきましたので、使用体験も踏まえてレビューしていきます。

男爵

せっかくテレワークになったなら好きなガジェットを使って仕事に望みたい!

Logicool MX KEYS for Macの特徴
  • Macレイアウトのワイヤレスキーボード
  • 最大3台のデバイスとペアリングしてボタン1つで切り替え可能
  • 1度の充電で最長5ヶ月使用できるバッテリー搭載
  • キー1つ1つが球状に窪んでおり指先にフィット。
  • 照明条件に合わせて調整されるバックライトキー。

それではLogicool MX KEYS for Mac レビュー | MacユーザーにオススメのUS配列キーボードを書いていきます。

Logicool Masterシリーズの記事はこちら

目次

開封

まずはMX KEYS for Macを開封していきます!

開封

MX KEYS for Macの外箱
外箱

私のメインPCであるMacBookに合わせて、MX KEYS for Macを購入しました。

MX KEYSには通常版とMac版があり、使用が若干異なります。

MX KEYS for Macの内箱はMXの文字がある
内箱

外箱を開けるとMXの文字が出現します。LogicoolのMASTERシリーズだけあって箱にもこだわりがるように感じます。

MX KEYS for Macは白い紙に包まれている

箱を開くと紙に包まれたMX KEYS for Macが登場しました。

MX KEYS for Mac本体は箱ピッタリに収納

黒いボディのMX KEYS for Macが登場しました。スペースグレーのボディに黒のキーがMacに合う配色になっております。

付属品

MX KEYS for Macの付属品
本体と付属品
付属品
  • MX KEYS for Mac本体
  • Unifyingレシーバー
  • USB-C to USB-Cケーブル
  • 取扱説明書

後半に詳しくまとめていますが、for Macは通常版とは付属品が少し異なり、USB-C to USB-Cケーブルが付属しております。

USB-Aが備わっていないMacに合わせた仕様になっている!

MX KEYS for Mac

続いてMX KEYS for Mac本体の詳しい解説です。Mac仕様で純正キーボードのような使い心地を体験できますので詳しく解説していきましょう!

本体

MX KEYS for Mac本体はテンキー付き

MX KEYS for MacはUS配列のテンキー付き、フルサイズキーボードとなっております。

キーはMacレイアウトになっており、純正ライクに使用することが可能です。

メリットデメリット
Mac仕様で純正ライクに使える
テンキー付きで数字入力がしやすい
US配列でホームポジションが安定
フルサイズキーボードのためマウスとの距離が遠い
キー配列のメリット・デメリット

FnキーにはMac特有の機能が割り当てられており、Mac純正キーボードのように使用することが可能です。

テンキー付きのフルサイズキーボードのため、数字入力を多くする方にはオススメです。フルサイズキーボードとの宿命としてマウスまでの距離が遠くなるため、右手の動かす距離が長くなるという弱点もあります。

US配列はMX KEYS for Macで初めて使用し最初は戸惑いましたが、今はUS配列の方が良いと思っております。

US配列の良さ
  • Enterキーがホームポジションから近く右手小指で押すことができるため、腕を動かす必要がない
  • US配列の方がJIS配列に比べてキーが中央に寄っており、長時間のタイピングで疲れづらい
  • 印字がシンプルでスッキリとしたデザイン

US配列を使い始めてから逆にJIS配列に違和感を覚えます。最後はデザインで締めましたが、英字のみのスッキリとしたデザインも非常に好みです。

サイズ

キーボードの本体は約13.2cm × 43.0cmで、重さ810gとなっております 。

重量は810gもあるため、しっかりと土台が安定しており、ブレることなくタイピングすることができます。

フルサイズキーボードというだけあって横幅がかなり長いです。同じシリーズでMX KEYS miniが販売しておりますのでテンキーレスキーボードが好みの方はそちらの購入をオススメします。

執筆時には日本語配列しか国内販売されていませんのでUS配列をお求めの方は注意が必要です。

MX KEYS for MacとKeychron K6を並べてみた

私が所有しているKeychron K6と並べてみましたが、パッとみてサイズの違いがよく分かるかと思います。

Keychron K6はテンキーレスの65%レイアウトキーボードとなっており、フルサイズのキーボードと比べるとかなりコンパクトです。

テンキーがあることで数字入力はしやすいですが、マウスは遠くなるので一長一短といったところです。利用者がどこに重点を置くのかでキーボード選びが変わってくると思います。

MX KEYS for MacとKeychron K6の高さ比較

高さに関しても比較してみました。MX KEYS for Macはパンタグラフ式を採用しているため非常に低くなっております。

個人的にはMX KEYS for Macの低さであればパームレストなしでも使用できるなという印象でした。

ただ長時間のタイピングとなると間違いなく手首に負担がかかるため、パームレストの使用をオススメします。公式からMX KEYS専用のパームレストが発売しているため、気になる方はぜひチェック!

角度

パンタグラフ式を採用しているMX KEYS for Mac本体の高さは1番高いところで約2.1cmと薄型になっております。

キーボード奥から手前にかけて程よい角度がついておりますので、奥の数字キーやFnキーも押しやすくなってます。

ただ角度調整は不可なので注意が必要ですが、1年以上利用してきて角度に不満を持ったことはありませんでした。

イルミネーション

MX KEYS for Macのバックライトは白く点灯

MX KEYS for Macは白色バックライトが内蔵されております。近接センサー内蔵のため、手を近づけるとキーボードが点灯します。

少し手を離すとバックライトが消灯するためバッテリーの節約にもつながっております。

またバックライトの輝度は照明条件に合わせて自動調整されるため環境に左右されることなく使うことができます。

バックライトをオンにしているとバッテリーが10日程度しかもちませんので注意!

Easy-Switch

Logicool製品の上位モデルは最大3端末とペアリング登録する事ができ、ボタン一つでペアリング相手を変えることができます。

私はMacbook Air / Windows / iPadを登録して切り替えて使用しております。

最大3端末とペアリングすることができ、Easy-Switchをタッチしてデバイスを切り替える事が可能です。

ただApple製品についてはユニバーサルコントロール機能がmacOS12.3 / iPadOS15.4より実装され、同時に使う場合はペアリング端末の切り替えをする必要がなくなりました。

ロックボタン

1年以上利用してきた中で地味に便利だと思ったFnボタンがこちらのロックボタンです。

  • Macの場合:Ctrl + Cmd + Q
  • Windowsの場合:Ctrl + L

各OSごとに上記のショートカットキーで画面をロックすることができます。

私は離席する時などに多々利用していたので1ボタン押すだけで画面ロックができるのは非常に利便性を感じておりました。

男爵

OSごとに画面ロックのショートキーは異なるけど、キーボードが勝手にOS合わせてくれるよ!

logi options +

logi options+の設定画面
logi options+設定画面

MX KEYS for Macは専用アプリ「logi option+」によってFnキーの割り当てを変更することが可能です。

※白に囲っている部分が変更可能キーとなります。

使用中のアプリケーションごとにキー割り当てを変更することも可能です。

割り当て可能なキーボードショートカット(例)
  • 輝度や音量などの調整
  • キーボードショートカット(「Cmd + C」などのキーの組み合わせ)
  • 任意のフォルダーやファイルを開く
  • コピー・切り取り・貼り付けなどの操作
男爵

アプリケーションごとによく利用する操作を割り当てておくと非常に使い勝手がいいよ!

充電

MX KEYS for Macの電源スイッチは上部にあり
キーボード上部に電源SWと充電端子

MX KEYS for MacはUSB-Cでの充電に対応しております。

MX KEYS for Macはフル充電した状態で5ヶ月使用可能(バックライトオフの場合)となっております。

ただ前述した通り、バックライトオン状態では10日使用可能となっておりますのでバックライトの使用で大きく充電サイクルが変わってくるかと思います。

男爵

私はバックライトオフで使用しているよ!ほぼ充電切れに遭遇することがないね。

打鍵感

MX KEYS for Macのタイピング様子

MX KEYS for Macはメタルプレートに覆われており、非常に丈夫な構造となっております。そのため重量は810gと少し重くなってますが、タイピング時の安定性が抜群です。

MX KEYS for Macはキーに丸いエッジあり
キーに丸いエッジがあり
キーが球状にくぼんでいる
球状にくぼんだキー形状になっている

1つ1つのキーが球状にくぼんでいるため指先の形状に合うようになっております。キー自体もサラサラとしたつや消しコーティングがされており、うち心地・触り心地ともに良いです。

各MX KEYSシリーズとの比較

MX KEYS for Macには通常版のMX KEYSやテンキーなしのコンパクトのMX KEYS miniがラインナップされてますのでそれぞれの違いを見ていきましょう!

for Mac版と通常版の違い

商品画像
MX KEYS for mac

MX KEYS
カラースペースグレーグラファイト
サイズ縦:131.63mm
横:430.2mm
高さ:20.5mm
縦:131.63mm
横:430.2mm
高さ:20.5mm
重量810g810g
キー配列US配列JIS配列
バックライトキー白色白色
接続性Unifying-USB
Bluetooth
Unifying-USB
Bluetooth
付属品Unifyingレシーバー
USB-C to USB-Cケーブル
Unifyingレシーバー
USB-A to USB-Cケーブル
対応OSmacOS
iOS
iPadOS
Windows
macOS
Linux
Chrome OS
Android
iOS
購入ページ購入する購入する
MX KEYS通常版との比較

MX KEYS for Macと通常盤 では「カラー」「キー配列」「付属品」の3点が異なります。

Macの配色に合わせたスペースグレーの採用。キー配列はUS配列を採用。付属品はUSB-C端子しか備え付けられていないMacに合わせてケーブル端子がUSB-Cとなっております。

対応OSがfor Mac版はApple製品のみとなっておりますが、Windows等でも使用可能です。

通常版でもMacにBluetoothで接続することは可能ですが、for Mac版の方がMacへの接続が最適化されている(らしいです)。

配列やWindowsとMacどちらを主に使用することが多いかという点で購入検討の材料にして選択をするのもありかと思います。

MX KEYS mini との比較

商品画像
MX KEYS for mac

MX KEYS mini
カラースペースグレーペールグレー
ローズ
グラファイト
サイズ縦131.63mm
横:430.2mm
高さ:20.5mm
縦:131.95mm
横:295.99mm
高さ:20.97mm
重量810.0g506.4g
キー配列US配列JIS配列
バックライトキー白色白色
接続性Unifying-USB
Bluetooth
Logi Bolt
Bluetooth
付属品Unifyingレシーバー
USB-C to USB-Cケーブル
USB-A to USB-Cケーブル
対応OSmacOS
iOS
iPadOS
Windows
macOS
Linux
Chrome OS
Android
iOS
購入リンク購入する購入する
MX KEYS miniとの比較

続いてはMX KEYS miniとの比較となります。MX KEYS miniは2021年11月に発売した比較的新しい商品になります。

テンキーレスのコンパクトサイズとなっており、横幅がMX KEYSと大きく異なります。ミニマルを好きな方が非常に好まれるデザインになっております。

ただ執筆時、日本国内ではJIS配列のみの販売となっております。MX KEYS miniのUS配列が欲しいと思うと、海外からの輸入しか手段がありません。

男爵

Logicoolさん!日本国内でのUS配列の販売待ってます!

また接続がBluetoothと新規格Logi Boltに対応しております。Logi Boltは従来のUnifyingより接続の安定性や暗号化が優れているようです。

UnifyingとLogi Boltには互換性がありません。Logi Boltでの接続は専用のレシーバーが必要になりますので注意が必要です。

まとめ

MX KEYS for MacとMX Master 3 for Mac
MX Master 3 for Macと合わせると統一感あり

MX KEYS for Macいかがだったでしょうか?

メリットデメリット
Mac仕様で純正ライクに使える
テンキー付きで数字入力がしやすい
US配列でホームポジションが安定
フルサイズキーボードのためマウスとの距離が遠い
キー配列のメリット・デメリット

MX Master 3 for Macとの統一感もあり、ボタン1つでMac / Windowsの切り替えが可能だったので仕事とプライベート両方で切り替えながら使用しておりました。

キーボード本体のサイズと重量がそれなりにあるため持ち運びには適しません。自宅や職場でのUS配列を利用したいという方にはおすすめのキーボードです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Logicool Masterシリーズの記事はこちら

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次