\ ポイント最大46倍! /

MOFT 多機能キャリーケース ミスティグレー レビュー | PCスタンドにもなるキャリーケース

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
MOFT 多機能キャリーケース ミスティグレー レビュー | PCスタンドにもなるキャリーケース

この記事でわかること

  • MOFT 多機能キャリーケースの使用感
  • MacBook Proにハードケースを装着したまま収納できるのか?
  • ミスティグレーの色合い

こんにちは!じゃが畑のじゃが(@jaga_farm)です。

今回は1つの製品でPCケースとスタンドが兼ねられる「MOFT 多機能キャリーケース」をレビューしていきたいと思います。

この製品は以前から販売されていましたが、最近淡い3色のカラーが「HIGH SUMMERコレクション」として追加。その中のミスティグレーをご提供いただきました。

ケースとして持ち歩きに使えるのはもちろん、カフェや出張先などに持っていけば角度が2通りあるPCスタンドとなり、荷物を1つ減らすことができます。

ほかのMOFT製品と合わせて使えば見た目に統一感のあるデザインとなり所有感を満たしてくれました。

じゃが

高品質なPCケースがスタンドにもなって一石二鳥だよ。

MOFT 多機能キャリーケースはどういう商品
  • PCケースとPCスタンドとして使える
  • 防水加工されたヴィーガンレザー素材採用
  • 15°と25°と2つの角度で使える
  • カラーバリエーション全7色
  • 電源アダプタなどアクセサリも収納できる

それではMOFT 多機能キャリーケース ミスティグレー レビュー | PCスタンドにもなるキャリーケース[PR]を書いていきます。

本記事はMOFTよりサンプル品の提供を受けて執筆しています。

目次

MOFT 多機能キャリーケースの特徴

MOFT 多機能キャリーケースの外箱を撮影してみた
MOFT 多機能キャリーケースはヴィーガンレザー素材が使われている
MOFT 多機能キャリーケース
サイズ14インチ:360 × 255 × 7mm
16インチ:400 × 277 × 7mm
重量14インチ:315g
16インチ:410g
対応ノートPC寸法14インチ:320 × 230 × 17mm以内
16インチ:360 × 250 × 20mm以内
カラースモークターコイズ
ミスティグレー
サンドベージュ
ナイトブラック
シエナブラウン
クラシックヌード
ディープブルー
MOFT 多機能キャリーケースの特徴

外観

MOFT 多機能キャリーケースはヴィーガンレザー素材が使われている
MOFT 多機能キャリーケースの背面には一部ゴム生地となっている

多機能キャリーケースの素材には防水加工されたヴィーガンレザーが採用され、MOFT Snap-Onなどと同様の素材感となります。

MOFT 多機能キャリーケースの中は傷から守る起毛素材となっている
傷から守る起毛素材が採用

多機能キャリーケースの中は短い起毛素材となっており、PCを傷から守ります。

PCスタンドとして使える多機能キャリーケース

MOFT 多機能キャリーケースは持ち運べるPCケースなっている
MOFT 多機能キャリーケースは蓋が開閉するタイプ

MOFT 多機能キャリーケースはPCスタンドとしても使えるキャリーケース(持ち運べるPCケース)です。

MOFT 多機能キャリーケースは2つの角度に調整可能
15°
MOFT 多機能キャリーケースはPCスタンドとしても使える
25°

ケースの入り口部分を折りたたむことで角度をつけてPCスタンドとして使うことが可能。状況に応じて2つの角度を使い分けることができます。

MOFT 多機能キャリーケースがあればPCスタンドを持ち歩く必要がない
PCスタンドを別途持ち歩く必要がない

外出時などに多機能キャリーケースを使えばPCスタンドを持ち歩く必要がなく、荷物を1つ減らすことができるのは大きな魅力です。

MOFT 多機能キャリーケースの背面はアクセサリ用のゴム素材になっている
背面は伸びるゴム素材となっている

また電源アダプタやケーブルを収納できるポケットもあり、多機能キャリーケース1つでPC作業に必要な物をすべて収納することができます。

じゃが

ただのPCケースではなくスタンドになること。アクセサリも収納できるのはいいね!

2つの角度で使えるデュアルアングル

MOFT 多機能キャリーケースは高さ5cmの15°に調整可能
MOFT 多機能キャリーケースは高さ7.5cmの25°に調整可能

MOFT 多機能キャリーケースは5cmと7.5cmの2つの高さに調節が可能。

  • 高さ5cm:15°
  • 高さ7.5cm:25°

少しPCに角度がつくことで首の角度が上がりディスプレイが見やすくなったり、手首の角度も変わって文字を打ちやすくなったりします。

使用感については後述していきます。

カラーバリエーションが豊富

MOFT 多機能キャリーケースはMOFT Snap レザースリングケースとカラーが同一
MOFT Snap レザースリングケースとの組み合わせ

MOFT 多機能キャリーケースはカラーバリエーションが豊富で全7色となっています。

シリーズカラー
HIGH SUMMERスモークターコイズ / ミスティグレー / サンドベージュ
CLASSICナイトブラック / シエナブラウン / クラシックヌード / ディープブルー
MOFT 多機能キャリーケースのカラーバリエーション

HIGH SUMMERシリーズは2023年夏に登場。淡い色が特徴となっています。

MOFT製品で揃えると統一感がある

今回提供いただいたミスティグレーも淡いグレーで雰囲気がとても良いですね!

他のMOFT製品「Snap レザースリングケース」などと組み合わせると手持ちのApple製品に更に統一感が出ます。

14インチサイズと16インチサイズ 2つのラインナップ

MOFT 多機能キャリーケースとMacBook Pro 14インチを並べてみた

MOFT 多機能キャリーケースは14 / 16インチサイズのラインナップとなっています。MacBookのサイズ対応表は以下のとおり。

サイズ対応機種
14インチサイズMacBook Air 13インチ 2022/2020/2019/2018/2017
MacBook Pro 13インチ 2022/2020
MacBok Pro 14インチ 2023/2021
16インチサイズMacBook Air 15インチ 2023
MacBook Pro 15インチ 2019/2018/2017/2016
MacBook対応表
MacBook AirをMOFT 多機能キャリーケースに収納してみた
13インチのMacBook Airもすんなり収納

M1 MacBook Air 13インチも所持しているので収納してみましたが、すんなりとケースへ入れることができました。

MacBook以外のPCに関しては以下の寸法内であれば収納可能だそうです。

  • 14インチサイズ:32.0cm × 23.0cm × 1.7cm以内
  • 16インチサイズ:36.0cm × 25.0cm × 2.0cm以内

手持ちのPCのサイズを確認してどのサイズを購入すればいいかの参考にしてください。

MOFT 多機能キャリーケースのレビュー

それではMOFT 多機能キャリーケースをレビューしていきます。

MacBook Pro 14インチを収納してみた

MOFT 多機能キャリーケースにMacBook Pro 14インチを収納している
MacBook Pro 14インチを収納

ぼくが愛用しているM1 MacBook Pro 14インチをMOFT 多機能キャリーケース 14インチサイズに実際に収納してみました。

MOFT 多機能キャリーケースni
MacBook Pro 14インチを収納することができた
すんなり入っていきました

サイズ感はちょうどよく、滑るようにスルスル入っていきます。入れるときはほぼ自重のみで押し込む必要などはありません。

MOFT 多機能キャリーケースは取り出すときもスムーズに取り出すことができる
取り出すときもラクラク
MOFT 多機能キャリーケース下部のMOFT ロゴ部分がちょうど手にフィットする
右のMOFTロゴ部分がちょうど手にフィットする

入れたとき同様に取り出すときも摩擦感はほぼなくスルスルと取り出すことができました。キャリーケース下部のMOFTロゴ部分にちょうど手が引っかかったもの良かったです。

MacBookを収納しているときに持ち歩くと外装のヴィーガンレザーが滑りにくく落下する心配は少ないです。ただ折り込み部分がちょうど手に当たるため長時間持っていると少し辛いかなと思いました。

電源アダプタや付属品はどの程度入る?

MOFT 多機能キャリーケースには多数のアクセサリを収納可能

MOFT 多機能キャリーケースには電源アダプタやケーブルを収納できるポケットがあります。

MOFT 多機能キャリーケースに電源アダプタを収納
MOFT 多機能キャリーケースにケーブルを収納

アクセサリの収納口はケース開いてすぐの内ポケットです。この内ポケットに持ち出す際に必要な電源アダプタ・ケーブル・マウスを収納してみました。

MacBook Proを収納した状態で電源アダプタ・ケーブル・マウスを収納することができました。

MOFT 多機能キャリーケースのゴム部分はアクセサリの大きさに応じて伸び縮みする
アクセサリの大きさに応じて伸縮

外側は伸縮性のあるゴム生地となっており、収納物の大きさに応じて伸び縮み・固定してくれるため移動時にガチャガチャと移動することはありません。

2つの角度の使用感

前述した通りMOFT 多機能キャリーケースは2つの角度に調整することができます。

  • 高さ5cm:15°
  • 高さ7.5cm:25°

それぞれの高さへの調整方法と使用感は下記のとおりです。

高さ5cm(15°)

MOFT 多機能キャリーケースの入り口を開いていく
MOFT 多機能キャリーケースの蓋を織り込んで入り口部分に引っ掛ける

入り口を折り込みに従って開き、蓋部分の先端を山折りにして中にある突起に引っ掛けます。

15°の角度にMacBook Pro 14インチをセットしてみた
15°の角度はMacBook Pro本体のキーボードやトラックパッドで作業がしやすい

15°はMacBook本体のキーボードやトラックパッドを使って作業するのに適しています。程よい角度がついて首の角度も少し上に上がります。

高さ7.5cm(25°)

25°の角度にするには入り口のサイド部分を折り込めば良い
入り口のサイドを折り込む

入り口サイドを谷折りに折り込み、蓋は特に引っかからいため閉じればOKでした。

MOFT 多機能キャリーケースの25°角度で外付けキーボードで作業している
外付けキーボードやマウスで作業しやすい
25°の角度で本体キーボードを使うのは少し厳しい
本体キーボードへのアクセスは少し厳しい

25°は外付けキーボードやマウスを使って作業する時に適しています。さらに首の角度は上がり見やすくなりますが、この角度となるとMacBook本体のキーボードを使うには少しきびしいかなという印象です。

個人的にMacBookを机の上に置いた状態で、本体のキーボードでタイピングする時は15°、外付けキーボードを使う時は25°が使いやすい!

ハードケースを取り付けたまま収納できた?

MOFT 多機能キャリーケースにハードケースを装着したまま収納してみた

高価なMacBookに傷を付けないためにMacBook専用ハードケースが複数売られています。傷つけずに使ったほうが手放すときのリセール価格が良いですしね。

MOFT 多機能キャリーケースはハードケースを装着したまま収納可能だった
ハードケースを装着したままの収納可能

僕はSatechiとTOWOOZのハードケース2つを所持していますが、MOFT 多機能キャリーケースはハードケースを装着したまま収納することができました。

ただ裸の場合と比べてサイズが少し大きいことから、中の起毛素材と摩擦が生じて滑りが少し悪いです。また取り出しやすさも当然裸の場合には劣り、少し引っかかりを感じながら取り出していきます。

ケースの持ちやすさとしてはそこまで違いを感じることはありませんでした。

(引用)“白色もしくは淡い色の革・布・シリコン・TPU材質のケースを使用する場合、染色されやすい材質である関係上、色移りの恐れがありますので、ご了承ください”

アクセサリは多く収納できない

MOFT 多機能キャリーケースはアクセサリを多く収納でできない

今回M1 MacBook Pro 14インチを収納した上に外出作業時に必要な電源アダプタ・ケーブル・マウスを収納してみました。

ゴム部分がかなり形を変えている
詰めすぎてパツパツになっている
蓋がしっかり閉まることがなかった
蓋が少し開いた形に

結果的に収納はできたもののかなりパツパツ。他の収納ケースに分けて持ち歩いた方が良いという結論でした。

ケースの形を崩さずスマートに持ち運ぶのであれば薄型の電源アダプタとケーブルくらいがちょうど良さそうです。

個人的におすすめなのはCIOから最近販売された薄型67W充電器が厚みが約14mmと持ち運び最適です。

Ankerの30W薄型充電器を撮影してみた
Ankerの30W薄型充電器
MOFT 多機能キャリーケースに収納するなら薄型の充電器が良い
収納を考えたら薄型充電器がおすすめ

MacBook Airなら30W給電で済むのでAnker PowerPort Atom Ⅲ 30W Slimがおすすめです。こちらは厚みが16mmとなっています。

MOFT 多機能キャリーケースはどんな人におすすめ?

最後にMOFT 多機能キャリーケースはどんな人におすすめなのかまとめていきます。

MOFT 多機能キャリーケースはこんな人におすすめ
  • ケースとスタンドを一緒に持ち歩きたい方
  • ほかのMOFT製品もつかってて統一させたい

MOFT 多機能キャリーケースはPCケースとスタンドをあわせて持ち歩いていた人にとってベストな選択肢となりそうです。荷物が1つ減るのはありがたいですよね。

しっかりPC本体を保護してくれるのはもちろんのこと、スタンドは個人的には15°が程よい角度で使いやすく感じました。

他のMOFT製品と合わせて使えば更に統一感があり、所有欲が満たされること間違いなしです。

まとめ

MOFT 多機能キャリーケースをレビューしてみました。

MOFT 多機能キャリーケース
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • PCスタンドとして使える多機能キャリーケース
  • 15°と25°の2つの角度に対応
  • カラーバリエーションが豊富
  • MacBook Pro 14インチがハードケースを装着したまま収納可能
デメリット
  • アクセサリは薄いものでないと収納できない

ぼくはよくスターバックスなどに行ってPC作業をすることがあるのですが、MOFT 多機能キャリーケースはこれから頼もしい味方となりそうです。

角度をつけない時に比べて視認性が良くなるだけでなく、MacBook本体のキーボードでのタイピングもしやすくなりました。

他のMOFT製品と組み合わせることでの統一感は他にはない魅力があります。これからも長く使っていけそうです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

MOFT 多機能キャリーケース ミスティグレー レビュー | PCスタンドにもなるキャリーケース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次