【iPower X付属】iFi Audio ZEN Signature SET 6XX レビュー | オーディオ環境 大幅アップデート

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

最近PCオーディオが気になっており、少しずつアップデートしていく沼が怖く最初からドンッと買ってしまいました。

今回はアメリカのAmazon.comから個人輸入しております。

なぜ日本で買わなかったかって?この商品を検索してこのページに辿り着いた方なら分かっていらっしゃるかもですね。

ZEN Signature SET 6XXの特徴
  • ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX + 4.4mm to 4.4mm バランスケーブルのセット
  • 上記をそれぞれ単品で買うよりお得
  • 海外販売品はそれぞれにiPower X(超ローノイズ外部アダプター)が付属しているにも関わらず、日本で販売している価格より安い!
男爵

海外販売品はiPowerX付属で日本で販売しているものより安い!

それでは【iPower X付属】iFi Audio ZEN Signature SET 6XX レビュー | オーディオ環境 大幅アップデートを書いていきます。

Massdrop × Sennheiser HD 6XXの記事はこちら

目次

ZEN DAC Signature 開封!

ZEN Signature SET 6XXの特徴/
  • スペースブルー仕上げのカッコ良いデザイン
  • ヘッドフォンアンプを内蔵していない純粋なUSB-DAC
  • 回路の単純化により、信号経路と部品のアップグレード機会を獲得
  • PCM(32ビット/384kHzまで)、ネイティブDSD(DSD256)まで対応
ZEN DAC Signatureの外箱

まずはZEN DACから開封していくよ。

外箱は最初からこの傷状態でした・・・まぁ輸入品というのもあり、目を瞑りました。

ZEN DAC Signatureの付属品
ZEN DAC Signature 添付品
  • 本体
  • iPower X
  • RCAケーブル
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
男爵

日本では未発売のiPower Xが付属していたよ!

ZEN DAC Signature 本体

ZEN DAC Signatureの正面
ZEN DAC 前面

では本体から見ていきましょう。

ヘッドフォンアンプを内蔵していないためデザインが非常にシンプルに。

前面はアナログ・ボリューム・コントロールのみ。

本体はスペースブルー仕上げになっており、無印(ZAN DAC)と比べてもGood!

ZEN DAC Signatureの裏面
ZEN DAC 背面

裏面は各種入出力端子があります。

左から4.4mmバランス出力端子、ボリューム Varaiable/Fixed(可変/固定)切り替えスイッチ、RCA出力端子、USB入力端子、DC5V電源端子。

ZEN DAC Signature単体でアクティブスピーカーを接続する場合は4.4mmバランス出力端子やRCA出力端子からアクティブスピーカーへ接続すればOK!

iPower X

iPower Xの外観
iPower X

次はiPower X。電源端子は取り外し可能で様々な国で使えるような設計になっております。

海外から輸入される際はコンセントプラグの形状にご注意ください。ちなみにアメリカは日本と同一です。

海外のiFi Audioのホームページを参考にするとiPower XはiPowerと比べて電源性能がアップグレードしている。

後述するZEN CAN Signature 6XXに付属していたiPowerと比べて出力電流が増えていることが確認できました。

iPower XiPower
5V / 3.0A5V 2.5A
出力電圧電流比較
iPower Xのコンセント部分

ちなみにZEN DAC SignatureはUSB給電でも動作します。

私が試した限りではUSB給電と電源アダプタのでは音質や解像感が大きく異なります。

ZEN DAC Signature単体で購入ご検討の方がいらっしゃいましたら、電源アダプタだけは購入することをおすすめします。

USBケーブル

iFi Audio(メーカー)が付属のUSBケーブルはあくまで動作確認用と謳っているので今回は別のUSBケーブルを用意しました。

エレコムのUSBオーディオケーブル

ELECOM製のUSB AUDIOケーブル(USB A-USB B)DH-AB10。

オーディオ界隈のケーブルの中ではダントツでコスパが良いと思います。

安い価格でありながら、金メッキ加工がしてありデザインも吉。

ZEN CAN Signature 6XX 開封!

ZEN CAN Signature 6XXの特徴
  • ZEN CANから強化された回路設計
  • Massdrop × senheiser HD 6XX専用のEQを搭載
  • 通常利用としては大きすぎるくらいのゲイン出力が可能。
  • 多彩な入力端子を搭載(RCA入力端子、3.5mm入力端子、4.4mm入力端子)
ZEN CAN Signature 6XXの外箱

次はZEN CAN Signature 6XXを開封していくよ。

ZEN CAN Signature 6XXの付属品
ZEN CAN Signature 6XX 添付品
  • 本体
  • iPower
  • RCAケーブル
  • 6.3mm to 3.5mm変換アダプタ
  • 取扱説明書

なぜかZEN CAN Signature 6XXはiPower X付属ではなかったよ。

ZEN CAN Signature 6XX 本体

ZEN CAN Signature 6XXの正面

ZEN CAN Signature 6XXは前面に左から電源スイッチ、入力チャンネル・スイッチ、ゲイン選択ボタン、アナログボリュームコントロール、6.3mm出力、4.4mmバランス出力、EQ設定ボタンとなっております。

また6.3mm to 3.5mmの変換アダプタが本体に付属しているため、2.5mmバランス接続を検討されている方以外は特に変換アダプタは必要ないかと思います。

入力チャンネル・スイッチ

入力チャンネル・スイッチは下記3つの入力を選択可能

 1 : RCA

 2 : 3.5mm入力

 3 : 4.4mmバランス

特徴であるDrop HD6XX ヘッドフォン用に最適化されたEQ

ZEN CAN Signature 6XXの裏面

左から4.4mmバランス入力、3.5mm入力、RCA入力端子、4.4mmバランス出力、DC5V電源端子となっております。

ヘッドフォンをバランスで常に接続し続ける方は裏面から接続しても良いかもですね。

iPower

iPowerの外観
iPowerのコンセント端子部分接続

こちらも電源端子は取り外し式でした。

iPower Xと同じく超ローノイズのACアダプターです。

日本でもiPowerからアップグレードしたiPower Ⅱが発売されているので電源アダプタの購入を検討されている方はそちらをチェック!

4.4mm to 4.4mm バランスケーブル 開封!

4.4mm to 4.4mm バランスケーブルの外箱

iFi Audio純正の4.4mm to 4.4mm バランスケーブルです。

4.4mm to 4.4mm バランスケーブルの開封した状態

ZEN DAC とZEN CANの間を接続に使用します。

見た目では分かりませんが、非常にケーブル自体は柔らかいです。

また非常に短いので重ね置きしないと使用は厳しいと思います。(横並びだとギリギリ届くかも。。。)

ケーブルで音質が変わると言いますし、DACとアンプの間を純正ケーブルで接続できるのは安心ですね!

セッティング

ZEN DAC SignatureとZEN CAN Signature 6XXを重ねた様子

重ね置きしてみました。

スペースブルーが非常に栄えます。あらためてデザインが非常に良いですね。

ZEN DAC SignatureとZEN CAN Signature 6XXを接続

裏面は4.4mm to 4.4mm バランスケーブルでZEN DAC SignatureとZEN CAN Signature 6XX 間を接続。

これに電源アダプタ、USB入力を繋いであげるだけでセットアップは完了します。

純正バランスケーブルの接続状態

まとめ

ZEN Signature SETを設置してみた

ZEN DAC SignatureのRCA出力からrazer nommoに接続して聞いてみましたが、音の解像感が大きく向上してます。

※以前はrazer nommoをディスプレイのヘッドフォン端子に接続。

明らかな変化を感じることができ満足です。

ZEN CAN Signature 6XXにはDropのHD 6XXを接続し、使用しております。

※HD 6XXはゼンハイザーHD650の廉価版です。付属品、塗装を簡略化されております。

300ΩあるHD 6XXをZEN CAN Signature 6XXは何の不自由もなく鳴らすことができています。

音量も十分すぎるくらい確保できており、普段はゲイン6dBのボリューム10時くらいの位置で聞いてます。

Massdrop × Sennheiser HD 6XXの記事はこちら

こんな方におすすめ

・音楽鑑賞のレベルをもう1段階上げたい人(DACの導入がおすすめです。未導入であれば音の解像度が必ず向上します)

・DACやヘッドフォンアンプに興味があり、何を買ったらいいか分からない人

・オーディオ沼を恐れて買い物を1度に終わらせたい人

・HD 6XXまたはHD 650を所持している人(買って損はさせません。左記入のヘッドフォンお持ちなら特におすすめです)

今回はZEN Sigunature SET非常に満足な買い物でした。

音楽鑑賞が非常に好きで作業中も音楽を聴きながら作業していますが、QoLがさらに上がった気がします。

記事をご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

今回紹介したZEN Signature SETやHD 6XXをまとめて紹介している記事はこちら

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次