ZenCT CT081 レビュー | iPad mini 6を車載してカーナビや動画鑑賞に使用

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

タブレットやスマホって今や車載カーナビ代わりに使用できますよね。メリットやデメリットを挙げてみると・・・

  • 地図は自動更新される
  • 動画や音楽を車内で楽しめる
  • 通信費がかかる
  • 携帯の電波が通じるとこでしか使用できないサービスが多い
  • リアカメラやETC等の連携が基本できない
  • 車載への置きっ放しNG(バッテリーの温度上昇で火災の危険性あり)

一長一短ではありますが、通常利用であればタブレットは普通にカーナビの代わりとして使用できますよね。

今回カーナビや動画鑑賞用としてiPad mini 6を車内で使いたいと思いタブレットホルダーを購入してみました。

男爵
ZenCT CT081の特徴
  • 4〜12.9インチまでのスマホやタブレットに適応
  • 台座は360°回転可能
  • アームが145mmと短いので揺れの多い車載にピッタリ
  • 厚さ10〜35mmのものに固定可能
  • 黒 / 白の2色展開

それではZenCT CT081 レビュー | iPad mini 6を車載してカーナビや動画鑑賞に使用を書いていきます。

iPad mini 6関連の記事はこちら

目次

iPad mini 6は車利用にピッタリ

iPad mini 6をダッシュボードに取り付け

iPad mini 6は車内で何役もこなしてくれます。

  • 車内でYouTubeや動画アプリを楽しむことができる
  • 更新料無料のカーナビを利用可能
  • 車載オーディオと連携して高音質で音楽を聞く

車内でYouTubeや動画アプリを楽しむことができる

iPad mini 6でYouTubeやdアニメを楽しむ

ZenCT CT081でiPad mini 6を取り付ければ助手席からYouTubeや動画アプリを楽しむことができます。

車内でYouTubeを楽しむ
YouTube
車内でdアニメを楽しむ
dアニメ

固定されているのでiPad mini 6を持って腕が疲れることもないですし、なんなら後部座席に乗っている子どもも楽しむことができます。

有料プランに加入していればWi-Fiのあるところであらかじめ動画データをダウンロードしておくことができるものが多いので、外で電波状況を気にすることなく利用可能です。

筆者の家ではdアニメAmazon Primeを契約しており、ダウンロードした動画を車内でゆっくり楽しむことができます。

車載用フリップダウンモニターは数万円しますので、どこでも利用可能なiPad mini 6などのタブレットを購入するのはかなりアリな選択肢だと思います。

車内で急速充電を利用するならこちら

更新料無料のカーナビを利用可能

iPad mini 6をカーナビ代わりに使用する
Google マップ

車載カーナビって新車で購入しても数年間だけ更新が無料のものが多いですよね。

地図アプリならその心配は一切なく、いつでも最新の地図データを利用することが可能です。便利な時代になりましたよね。

iPad mini 6は8.3インチディスプレイなので地図を鮮明に見ることができます。

iPad mini 6でGPSを内蔵しているのはCellularモデルのみになるので注意してください。

車載オーディオと連携して高音質で音楽を聞く

車内でspotifyを楽しむ
Spotify

iPhoneなどのスマートフォンをカーオーディオと接続して、車内で音楽を楽しんでいる方も多いと思います。当然iPad mini 6でも同様のことが可能です。

カーナビとUSB-Cケーブルで接続
USB-Cでカーナビと接続

iPhoneのオーディオ接続に対応しているカーナビであれば、iPad mini 6もケーブルを接続することで認識してくれます。これで充電しながら車のスピーカーで音楽を楽しむことが可能です。

ちなみにCarPlayはiOSに搭載された機能なので、iPadOSでは使用不可です。

車載スタンドのラインナップ | あなたの車に合うスタンドは?

iPad mini 6を車に取り付けると言っても様々な種類の車載ホルダーがありますよね。それぞれに特徴があるので見ていきましょう。

スクロールできます
商品特徴

吸着式
GP-PRO タブレットホルダー
粘着ジェル + 真空吸盤でしっかり固定
平らな箇所であればどこでも取付可能
素材が凸凹しているところへの吸着は不安

エアコン吹き出し口式
MAYOGA 車載ホルダー
様々な車種で使用可能
エアコンからの送風を遮る

CDスロット差し込み式
Satechi 車載ホルダー
ロックがかかるので振動で落ちることがほぼない
CDスロット近くの操作パネル等が隠れる
CDスロットの場所よってはかなり下の方の設置となる

挟み込み式
ZenCT CT081
車内のみならず様々な場所で使用することが可能
角度や方向を自在に変えることができる
挟み込める場所がある車に限る
各車載スタンドの特徴

吸着式にしようか迷いましたが、今乗っている車には挟み込める場所があったため、ZenCT CT081を購入しました。

男爵

ZenCT CT081なら車で使うことがなくなっても、自宅内等どこでも使えるからいいよね!

開封

ZenCT CT081の外箱
ZenCT CT081の外箱の裏側

外箱にはZenCT CT081の特徴が描かれています。視覚的にサイズがひと目でわかるのはありがたいですね。

ZenCT CT081の付属品は非常にシンプル
付属品
  • ZenCT CT081本体
  • 調整用六角レンチ
  • 取扱説明書

付属品は非常にシンプルなものとなっていました。黒 / 白の2色展開ですが、今回は車内に合わせて黒を購入しています。

和訳されている取扱説明書が付属していた
和訳した取扱説明書も付属

和訳された取扱説明書も付属しており、日本語でわかるように記載されています。

日本語取説をよく見ると「12.9インチiPad Pro対応」と記載がありますね。

ホルダーとスタンド部分はギア状になっている
取り付け部はギアの形に
ホルダーとスタンドのギアをはめ込んでいる
形に合わせてはめ込む

スマホやタブレットを挟む部分はアームと分かれて送付されてくるので、取り付けていきましょう。ギアのような形になっているのではめ込んでいきます。

ホルダーとスタンドを手回しで固定
白い部分を回していく

アームとはめ込んだら白い部分を右に回していくだけでロックできます。これでスタンドを使用する準備が整いました。

【ここがスゴい!】ZenCT CT081構造を見ていく

ZenCT CT081の各サイズを記載
各部のサイズ

サイズは上記写真のようになっています。

アームの長さが短いので車載時の揺れが少ないです。またホルダーとスタンド部分はサイズ調整が可能で、様々なサイズのものを挟み込めます。

それではタブレットホルダーZenCT CT081のスゴい特徴について順番に見ていきましょう。

複数箇所が稼働可能 | タブレットを見やすい位置に固定

ZenCT CT081の稼働部分をまとめてみた

タブレットホルダーとして重要な「見やすい場所にタブレットを固定する」を叶えてくれます。

それを実現するため上記写真のように複数箇所がそれぞれ独立して回転します。これにより任意の場所にタブレットを固定することができます。

スクロールできます
ZenCT CT081の先端部は手回しを行う
先端部は手回し
倒れる部分の六角レンチ調整箇所
倒れる部分
スタンド回転部分の六角レンチ調整箇所
固定部の回転

ちなみにそれぞれの場所は手回しねじや付属のM4六角レンチで強さを変えることができます。

固定するタブレットやスマホの重さに応じて固定強度を変えることができる

タブレットホルダーのある先端部分は360°+自由雲台

先端は360°回転+自由雲台になっており、自由に動く

タブレットホルダーのある先端部分は自由雲台のようになっており、手回しネジを閉めることで固定できます。

また先端は緩めている状態で360°回転します。

ZenCT CT081はホルダーの角度を自由自在に調整できる
角度は自由自在

360°+自由雲台のおかげでタブレットをマウントして自分の使いたい角度に調整することが可能です。

ホルダー・スタンド部はゴム素材で挟み込む対象を保護

ホルダー部分はゴム素材になっている
接触部分はゴム素材
ホルダーにはケーブル引き出し用の穴がある
ケーブル引き出し用穴あり

ホルダー部分はタブレットやスマホが接触する部分がゴム素材になっており、挟み込むものを保護してくれます。

また、挟み込む両端にはケーブル引出し用の穴があり、スマホを縦に取り付ける場合はこの穴よりケーブルを取り出すことができます。

ホルダーが閉じているとき
閉じているとき
ホルダーが開いているとき
開いたとき

ホルダー部分は130〜220mmまで手で引っ張ると伸びるので、多種のスマホやタブレットに適応しています。挟み込む力はそこそこ強く多少の揺れではスマホやタブレットが動くことはありません。

男爵

力強い挟み込みでタブレットを固定してくれるので安心!

ホルダー部分はiPad mini 6だけでなくiPad Pro 11インチも取付できる

ZenCT CT081にiPad mini 6を取り付けてみた
iPad mini 6
ZenCT CT081にiPad Pro 11インチをマウントしてみた
iPad Pro 11インチ

iPadをそれぞれ固定してみました。取扱説明書や販売ページにはiPad Pro 12.9インチまで適応と書いてあったので、まだ余裕があります。

ただ車載用途で考えるとiPad Pro 11インチは少し大きい気がしますね。

男爵

持ち運びも含めて、8.3インチのiPad mini 6が最適!

取り付け方法は非常に簡単 | はめ込んで手回しネジで閉めるだけ

ZenCT CT081は手回しネジで閉めると固定できる
手回しネジを回すと
ZenCT CT081は挟み込むことで固定できる
下のマウント部分が上がってくる

取り付け方法は白い手回しネジを閉めていくとマウントの幅が狭くなるので、それで挟み込んでいきます。

10〜35mmの厚みに対応しているため、汎用性は非常に高いです。

ZenCT CT081を車に取り付けている様子
ZenCT CT081を車に取り付け完了

私は車内のサブディスプレイの上にダッシュボードから伸びてきた屋根がありましたので、そちらの方に取り付けました。

車内の振動で少しずつ緩んでくるかもしれないので、タブレットホルダーを使用するときに緩みをチェック!

まとめ

ZenCT CT081を車載ホルダーとして使ってみた
ドライブがさらに快適に

タブレットスタンドZenCT CT081はiPad mini 6のホルダーとして適していました。

メリットデメリット
車内でカーナビ代わりに使用できる
タブレットを任意の位置に固定できる稼働性
ホルダーがゴム素材になっており、対象を保護
取り付けは手回しネジを回すだけと非常に簡単
車内以外でも自宅内等で使用可能
スマホホルダーとなるとさらに選択肢がある
挟み込む箇所がないと使用不可

iPad miniをお持ちの方は、車内利用に適しているのでぜひ車載ホルダー確認ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

iPad mini 6関連の記事はこちら

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次