\ 最大15%ポイントアップ! /

BenQ ScreenBar Halo レビュー | 目の疲労が軽減されるモニターライト[PR]

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
BenQ ScreenBar Halo レビュー | 目の疲労が軽減されるモニターライト

この記事でわかること

  • DELL U3223QEへ装着してみた雰囲気
  • BenQ ScreenBar Haloの自動ON / OFF方法

こんにちは!じゃが畑のじゃが(@jaga_farm)です。

毎日ブログとリモートワークなどで12時間近くはディスプレイを見ているPC作業のヘビーユーザーです。姿勢を悪くしないための椅子や作業効率を上げるためのモニターへの投資など惜しまず続けてます。

今回は目のケアをするためのモニターライトをBenQ様より今回ご提供いただけました。「BenQ ScreenBar Halo」モニターライトのど定番モデルです。

無線リモコンで操作できるだけでなく、自動調光や間接照明搭載などBenQ ScreenBarシリーズの中でも最上位のモデル。試しに使用しましたがその効果は絶大。毎日疲弊していた眼球疲労がかなり軽減されました。

モニターライトの導入でディスプレイ輝度は抑えられる・自動調光で適した明るさに調整してくれるなどメリット多々あり、導入する価値は間違いなくあります。

じゃが

さすがはど定番のモニターライト。全く不満なく日々の作業から目をケアしてくれます。

BenQ ScreenBar Haloはどういう商品
  • アイケアに優れたモニターライト
  • 自動調光機能で500ルクスに調整
  • 間接照明あり
  • ワイヤレスリモコンで操作可能
  • 湾曲モニター対応

それではBenQ ScreenBar Halo レビュー | 目の疲労が軽減されるモニターライト[PR]を書いていきます。

本記事はBenQより製品提供を受けて執筆しています。

目次

BenQ ScreenBar Haloの特徴

BenQ ScreenBar Haloの外箱
BenQ ScreenBar Halo
サイズ本体:500 × 95.7 × 97.1mm
リモコン:74.0 × 74.0 × 38.4mm
重量0.8kg
適応モニター厚みフラット:70mm 〜 600mm
湾曲:70mm 〜 400mm
照明範囲
(500ルクスの場合)
40 × 63cm
照度中心照度800ルクス
色温度2700K 〜 6500K
本体カラーグレー
素材アルミニウム合金
PC / ABS樹脂
最大消費電力5V / 1.3A(6.5W)
電源入力USB-Aポート
長さ1.5m
BenQ ScreenBar Haloの特徴

BenQ ScreenBar Haloはディスプレイの上部へ引掛けて設置するモニターライトとなっています。大きさは500 × 95.7 × 97.1mmと非常にコンパクトで一般的なデスクライトを設置するよりも省スペースで設置可能です。

外観

BenQ ScreenBar Haloはアルミ合金が使われている

BenQ ScreenBar Haloはアルミニウム合金が使われたグレーの高級感ある質感をしています。

じゃが

ScreenBarシリーズは各モデル質感が異なるよ

正面ライトは均等に配置されている

正面ライト用となるLEDが綺麗に配置されていることがわかります。

BenQ ScreenBar Haloの背面ライトはやわらかく点灯するようポリカーボネート素材が使われている

ScreenBar Haloには背面ライトが搭載されており、やわらかく点灯するようポリカーボネート素材が使われていました。

BenQ ScreenBar HaloのUSB-A配線は抜去不可能となっている

電源となるUSB-Aケーブルは本体に直接配線されており、抜去等はできません。

付属品

BenQ ScreenBar Haloの付属品を並べてみた
付属品
  • BenQ ScreenBar Halo本体
  • ワイヤレスリモコン
  • 単4電池 × 3個
  • 湾曲モニターアクセサリ
  • 取扱説明書

BenQ ScreenBar Haloには湾曲モニターに対応させるためのアクセサリも付属しています。失くさないよう注意しましょう。

アイケアに優れた自動調光機能で500ルクスに調整

BenQ ScreenBar Haloは自動調光機能が搭載されている
中央のセンサーが照度センサー

BenQ ScreenBar Haloは自動調光機能を搭載したモニターライトです。本体中心に「照度センサー」が搭載されており、空間の明るさを検知します。

周囲の明るさに合わせて自動で500ルクス以上になるように調整してくれます。

一般的に繊細な作業をするときは500ルクス以上が必要と言われています。

間接照明モード

BenQ ScreenBar Haloには間接照明が搭載されている
シリーズ唯一の間接照明

BenQ ScreenBar Haloの背面には間接照明が搭載されています。ScreenBarシリーズの中でもHaloにのみ間接照明はあり、ほかのモデルは正面のライトのみとなっています。

BenQ ScreenBar Haloの正面ライトと間接照明を点灯されてみた
正面ライト + 間接照明
BenQ ScreenBar Haloを正面ライトのみ点灯させてみた
正面ライトのみ
BenQ ScreenBar Haloを間接照明のみ点灯させてみた
間接照明のみ

正面ライトと同じ色温度で照らしてくれる背面の間接照明は、モニター裏をほんのり照らすことでインテリアの質を1段階向上させてくれます。それ以外にも全体の雰囲気を整える効果もあります。

間接照明は正面ライトに連動して点灯するため全体の雰囲気が統一されます。

ワイヤレスリモコン

BenQ ScreenBar Haloにはワイヤレスリモコンが付属している
BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコン

BenQ ScreenBar Haloは唯一ワイヤレスリモコンの操作に対応しています。ケーブルレスとなるワイヤレスリモコンはデスクをスッキリさせてくれます。

BenQ ScreenBar Haloのボタン割当は6つほどある
ワイヤレスリモコンのボタン割当
ワイヤレスリモコンが対応している操作
  • 電源ON / OFF
  • 照度調整
  • 色温度調整
  • 自動調整
  • お気に入り
  • 点灯パターン

ワイヤレスリモコンで上記の操作をすることができます。明るさや色温度はリモコンをダイヤルのように操作することにより、スムーズに調整することができます。

お気に入りへの登録:お気に入りボタンを3秒タップ

鏡面仕上げとなったワイヤレスリモコンはデスクにおいても何の違和感もありません。

湾曲モニター対応

BenQ ScreenBar Haloは湾曲モニターにも対応している
湾曲モニター用アダプタ

BenQ ScreenBar Haloは通常のモニターへの設置はもちろんのこと湾曲モニターにも対応しています。

設置にはBenQが特許を取得しているクリップ設計が採用されており、モニターのベゼルと背面で挟み込む形となっています。

湾曲モニター対応のモニターライトはラインナップが少なく、BenQ ScreenBarシリーズでもHaloのみが対応しています。

BenQ ScreenBar Haloのレビュー

BenQ ScreenBar Haloをレビューしていきます。

DELL U3223QEに装着してみた

ぼくが普段から使っているモニター DELL U3223QEに装着してみました。

  1. BenQ ScreenBar Haloをモニターに装着する
  2. USB-A電源端子を接続
  3. ワイヤレスリモコンに電池を挿入
STEP
BenQ ScreenBar Haloをモニターに装着する

BenQ ScreenBar Haloは0.7cm〜6.0cmまでのさまざまな厚みのモニターに対応しています。DELL U3223QEにも当然装着することは可能です。

BenQ ScreenBar Haloをディスプレイ上部に引っ掛ける
ディスプレイ背面にピボットを引っ掛けて固定する

画面上端にBenQ ScreenBar Haloを引っ掛けて、ディスプレイ背面にピボットを引っ掛けていきます。

BenQ ScreenBar Haloはしっかり垂直にして取り付けること
垂直をしっかり意識して取り付ける

このときBenQ ScreenBar Haloの角度がしっかり垂直になるよう意識して取り付けてください。

STEP
USB-A電源端子を接続
BenQ ScreenBar Haloは画面背面のUSB-A端子より電源供給している

BenQ ScreenBar Haloの電源は本体に接続されているUSB-A端子から共有することができます(最大電力6.5W)。

ぼくは使用しているディスプレイ(DELL U3223QE)のUSB-A端子が最大電力7.5Wと対応していたので、そちらへ接続することにしました。

STEP
ワイヤレスリモコンに電池を挿入
ワイヤレスリモコンは単4電池 × 3本で動作する

最後にワイヤレスリモコンの中に電池を挿入します。

電池は単4電池 × 3本必要で約7ヶ月保つようです。

接続箇所によっては電源ON / OFFは不要

BenQ ScreenBar HaloをDELL U3223QEに接続している
DELL U3223QEの端子部

ぼくはBenQ ScreenBar Haloの電源をDELL U3223QEのUSB-A端子に接続しています。

MacBook Pro 14インチ -(USB-C)- Caldigit TS4 -(DisplayPort)- DELL U3223QE -(USB-A)- BenQ ScreenBar Halo

この構成であればMacBook Pro 14インチのスリープに合わせてBenQ ScreenBar Haloへの電源供給もOFFしてくれるので、BenQ ScreenBar Haloの電源をON / OFFする必要がなくなりました。

もちろんスリープ解除時は電源供給が開始されるので、自動で電源ONとなります。

じゃが

自動で電源供給をON / OFFできれば基本的にワイヤレスリモコンの操作なしでいけるように!

スマートホームデバイスでON / OFFしたい場合は下記のスマートプラグがおすすめ!

非対称光で画面の映り込みを軽減

BenQ ScreenBar Haloは直角三角形上に光を照射してくれる
画面前がしっかり明るくなっている

BenQ ScreenBar Haloは内部に3セクションリフレクターを内蔵しています。中で6.5WのLEDからの発光を反射することで使用者のモニター前を照らす構造です。

3セクションリフレクターは光の角度を広がっている状態から適した角度に収束してくれています。

実際に使ってみたときにモニターから光が反射することはなく、目に直接入ってくる光はとても少ないです。特にBenQ ScreenBar Halo設置前はデスクライトを使っていたため、モニターからの反射がひどくすぐ目が疲れていました。

必要なところ以外には光を照射していないことがわかる
この角度から見ても光が直接入ってこない

BenQ ScreenBar Haloを利用し始めてから、目に直接入ってくる光が少なくなり、モニターの輝度を下げることもできています。

じゃが

目に入ってくる光量が少ないとほんと目が疲れにくいよ!

リモコンでの操作感はどんな感じ?

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコンには6つの動作が配置されている

BenQ ScreenBar Haloの大きな特徴の1つであるワイヤレスリモコンの操作感についてまとめていきます。

ワイヤレスリモコンが対応している操作
  • 電源ON / OFF
  • 照度調整
  • 色温度調整
  • 自動調整
  • お気に入り
  • 点灯パターン

ワイヤレスリモコンには6つのボタンが配置されています。それぞれのタッチボタンとともにベアリングで回転することで細かい調整をすることが可能です。

BenQ ScreenBar Haloは静電式でベアリングはなめらかに回転する
ベアリングが非常になめらかに回転する

タップは静電式なのでタッチするだけでOK・ベアリングは非常になめらかに回転するため操作は非常に快適です。

無線にありがちな遅延も特になく操作したら即動作してくれる印象です。

ScreenBar 無印やPlusとの違い

BenQ ScreenBar HaloはScreenBarシリーズの中では最上位のモデルとなっています。無印やPlusとの違いについてまとめてみました。


ScreenBar Halo

ScreenBar Plus
対応モニターフラット
湾曲
フラットのみ
モニター厚フラット:70mm 〜 600mm
鏡面:70mm 〜 400mm
フラット:100mm × 300mm
間接照明
ライト本体調整角度35°20°
照度範囲
(500ルクスの場合)
40 × 63cm30 × 60cm
色温度2700〜6500K2700〜6500K
操作方法無線リモコン有線リモコン
Screenbar HaloとPlusの比較

BenQ ScreenBar HaloとPlusの違いは湾曲モニターの対応以外にも間接照明の有無や照度範囲・操作方法が無線か有線かなど数項目異なります。

特に湾曲モニターへ設置したい人は現状BenQ ScreenBar Haloのみが対応しています。

ワイヤレスリモコンは自動調整するようになれば使用頻度が下がるため、個人的には「ワイヤレスリモコンなし・間接照明あり」のモデルが販売されればいいなと思います。

BenQ ScreenBar Haloのメリット・デメリット

BenQ ScreenBar Haloのメリット・デメリットをまとめていきます。

周囲の明るさや色温度に合わせて自動調整

BenQ ScreenBar Haloは自動調光で周囲の明るさに応じた調整をしてくれる
自動調光で動作

BenQ ScreenBar Haloの自動調整機能は本体内臓のセンサーを通して、明るさや色温度をオートで調整してくれます。

我が家では就寝時間に向けて段階的に部屋の明るさを暗くしたり、暖色に点灯するように設定しています。

BenQ ScreenBar Haloも部屋の照明に合わせて自動調整してくれるため、常に微調整することなくディスプレイを見続けることができます。

画面の映り込みがなく目が疲れない

BenQ ScreenBar Haloは画面に光が写り込まない

BenQ ScreenBar Haloはディスプレイの表示部分を照らすわけではなく、ディスプレイの手前を照らすため画面から目に直接入ってくる光量が少ないです。そのため長時間ディスプレイを見ながらの作業においても、目が疲れにくい特徴があります。

実際に使ってみたところ第1にディスプレイ本体の輝度を下げてもしっかり画面が見える点が大きいです。

またデスクライトのときにあった画面端からの反射も完全になくなり、目に入ってくる光量は明らかに減っています。

リモートワーク含めて毎日12時間くらいはPC作業をやっていますが、目の疲れ方が明らかに緩和されました。

間接照明の見た目が良い

BenQ ScreenBar Haloは背面に間接照明を搭載しており、色温度や明るさは正面ライトと連動して動作します。

寒色光
昼白色

間接照明があることで背面がほんのりと点灯し、ディスプレイ全体の雰囲気が落ち着いたものになります。

暖色光

特に暖色で点灯させる間接照明はお気に入りで、夜の作業も自然とはかどります。

ディスプレイ背面の間接照明は正面ライトと同じ色温度で点灯する

この間接照明機能はBenQ ScreenBar Haloに搭載されている機能です。

省スペースで設置可能

BenQ ScreenBar Haloはディスプレイ上部に引っ掛ける設計で、かなり省スペースに設置することができます。

BenQ ScreenBar Haloはディスプレイ上部に置くだけと省スペース設置が可能
ディスプレイ上部に置くだけだが
デスクライトはかなりのスペースを占領する
デスクライトはかなりのスペースを取る

ぼくは以前デスクライトを使用していたため、その差は一目瞭然です。使用スペースが全く異なります。

モニターライトは省スペースで設置できるので非常にスッキリしている
デスクライトがなくなってスッキリとしたデスクに

デスクライトを設置したけど、省スペースに照明をまとめたい人にとってモニターライトはかなりおすすめできる製品となっています。

じゃが

個人的にはこれも嬉しいポイント!デスクライトの存在感すごかったから非常にありがたい。

ワイヤレスリモコンワンタッチで電源ON

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコンはアップデートでワンタッチ操作が可能となった
以前のワイヤレスリモコンはワンタッチでは操作不可だった

BenQ ScreenBar Haloは2023年2月出荷分よりワイヤレスリモコンの仕様が異なり、ワンタッチで電源がON / OFFできるようになりました。

  • それ事前の出荷分は操作前にワイヤレスリモコン上部で手をかざしてから操作する必要がありました。

そのため操作は非常に簡単で電源をONにしたいときは真ん中の電源ON / OFFボタンをワンタッチするだけでOKです。

(デメリット)ワイヤレスリモコンの指紋が少し気になる

BenQ ScreenBar Haloのワイヤレスリモコンは操作部分が鏡面仕上げとなっており、何度もタッチ操作をしていると指紋が非常に目立ちます。

デスク上に置くものなので指紋が気になって、何度も拭いて綺麗にするシーンが有りました。

気になる方はサードパーティ製のフィルムが販売されているので、そちらを購入することをおすすめします。

BenQ ScreenBar Haloはどんな人におすすめ?

BenQ ScreenBar Haloを置いて更に完成形に近づいたデスク

最後にBenQ ScreenBar Haloはどんな人におすすめなのかまとめていきます。

BenQ ScreenBar Haloはこんな人におすすめ
  • 1日中モニターを見て作業をしている
  • モニターライト背面に間接照明がほしい
  • 湾曲モニターにモニターライトを設置したい

BenQ ScreenBar Haloは毎日のデスクワークで目を労ってくれるアイケアに優れたモニターライトです。1日中PCの前に座っているぼくにとってなくてはならないほど必須のライトとなりました。それほど効果は絶大です。

シリーズ内でScreenBar Haloのみに搭載されている背面の間接照明はディスプレイ背面をほんのりと点灯させ、インテリアとしての雰囲気を良くしてくれます。

またScreenBar Haloのみが湾曲モニターに対応いるので、湾曲モニターをお使いの方はこちらを選ぶと良いでしょう。

まとめ

BenQ ScreenBar Haloをレビューしてみました。

BenQ ScreenBar Halo
総合評価
( 5 )
メリット
  • アイケアに優れた自動調光機能で500ルクスに調整
  • 背面には間接照明搭載
  • ワイヤレスリモコンで操作可能
  • 湾曲モニター対応
  • 画面の映り込みがなく目が全く疲れない
  • 省スペースで設置可能
デメリット
  • ワイヤレスリモコンの指紋が少し気になる

他のモニターライトも使ったことはありますが、BenQ ScreenBar Haloは満足度が格段に高いです。デスクライトを主として使っていたので、省スペースで設置できる点も気に入りました。

アイケアのための自動調光は使い勝手が非常に良く、周囲の明るさに合わせて調整してくれるので何度も調整をする必要がありません。おかげで以前行っていたディスプレイの輝度調整などを細かく行うことが全くなくなりました。

本体の質感の高さや間接照明が搭載されているのも大きなポイントでディスプレイ背面をほんのり照らしてくれ、所有感を満たしてくれます。

毎日12時間近くはディスプレイを見続けるぼくにとってなくてはならない製品の1つとなりました。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

BenQ ScreenBar Halo レビュー | 目の疲労が軽減されるモニターライト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次