\ ポイント最大46倍! /

エルゴトロン TRACE レビュー | ディスプレイが中心にくる稼働が容易なモニターマウント

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
エルゴトロン TRACE レビュー | ディスプレイが中心にくる稼働が容易なモニターマウント

この記事でわかること

  • エルゴトロン TRACEの特徴と使用感
  • エルゴトロン TRACEとLXとの違い

こんにちは!じゃが畑のじゃが(@jaga_farm)です。

ぼくの個人的意見ですがモニターアームといえば安心のエルゴトロン。と思ってエルゴトロン LXを長年愛用しています。

今回モニターを買い替えるタイミングでモニターアームも刷新しようとエルゴトロンのハイエンドモニターマウント「エルゴトロン TRACE」を購入したのでレビューしていきたいと思います。

エルゴトロン TRACEは前後左右上下が独立した機構を有しておりそれぞれの方向に独立して稼働させることができます。

エルゴトロン TRACEでDELL U3223QEをマウントしてみた
ディスプレイが必ず中央にくる

また最大のポイントとしてデスクの中心がはっきりとするモニターマウントとなっています。通常のモニターアームではデスク中央に持ってくるのは前後の調整などがなかなか難しいのですが、独立機構のエルゴトロン TRACEはモニターを押し込むだけでデスク中心に配置できます。

作業中常時にデスク中央にモニターがありそれに合わせて中央に座ることでデスクをフル活用できるモニターマウントとなっています。

じゃが

前後左右上下への調整が最もしやすいモニターマウントとなっているよ!

エルゴトロン TRACEはどういう商品
  • 中心がはっきりとしたモニターマウント
  • 前後左右上下に調整がし易い独立機構
  • 38インチ / 2.9~9.8kgのディスプレイまで幅広く対応
  • デスククランプとグロメット穴への設置方法

それではタイトルを書いていきます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
目次

エルゴトロン TRACEの特徴

エルゴトロン TRACEの背面を撮影してみた
エルゴトロン TRACE
対応ディスプレイサイズ38インチまで
荷重範囲2.9kg〜9.8kg
昇降範囲11cm〜27.9cm
可動範囲チルト:80°
パン:240°
回転360°
取り付けクランプ天板厚み65mmまで
保証期間15年
カラーブラック
ホワイト
エルゴトロン TRACEの特徴

中心がはっきりとしたモニターマウント

エルゴトロン TRACEは中心配置が簡単なモニターアームとなっている

エルゴトロン TRACEの個人的に最大の特徴は「ディスプレイが中心にくること」です。前後左右上下にシンメトリーに配置された独立駆動はディスプレイを中心に配置してくれます。

どんなに駆動させてもディスプレイを中央に押し込めばリセットされ、中心軸がズレることがありません。

エルゴトロン TRACEとエルゴトロン LXを背面から撮影してみた
←エルゴトロン LX / エルゴトロン TRACE→

一般的なモニターアームはシンメトリー独立駆動などない2つのアームを組み合わせた動きをするため、どうしてもディスプレイがデスク中心からズレてしまいます。少し稼働させただけでも元の位置に戻すのは難しいです。

それに比べエルゴトロン TRACEはシンメトリなつくりがディスプレイを中心からずらすことなく配置できるため常にデスク中心にディスプレイが配置され、自分自身も中心に座った状態で安定して作業することができます。

じゃが

従来のモニターアームだとディスプレイの中心がズレて気持ち悪かったけどエルゴトロン TRACEではそのような心配はありません!

前後左右上下の調整がし易い独立駆動

エルゴトロン TRACEは独立駆動する機構を採用している
奥行きはそのままに
エルゴトロン TRACEの奥行きをそのままに左右にだけ移動させてみた
左右にだけ移動

エルゴトロン TRACEは前後左右上下の動きがそれぞれ独立した機構で駆動できるという特徴があります。前述したシンメトリーな機構ですね。

それぞれが独立した機構を持っているため、縦や横の一方向へ調整がとてもしやすく使いやすい場所にサッと移動させることができます。

従来のモニターアームのように一方向への調整でアーム全体が動くわけではないため、調整が容易です。

38インチ / 2.9~9.8kgのディスプレイまで幅広く対応

DELL U3223QEでモニターアームをマウントするためにネジを外している
VESA規格対応ディスプレイに
DELL U3223QEにエルゴトロン TRACEのマウントを装着している
ネジ止めのみで取り付け可

エルゴトロン TRACEは38インチの大型ディスプレイまでに対応しています。

重量は軽すぎるとアームのバネが勝ってしまうため最低2.9kgという制限はありますが、2.9kg〜9.8kgの重量級ディスプレイまで対応しており幅広く使うことができます。

最低でも2.9kgは必要なので需要はかなり少ないでしょうが、例えばiPadやモバイルディスプレイなど比較的軽量の物をマウントする場合などは逆に重りを付ける必要があります。

エルゴトロン TRACEでiPadのみをマウントするような贅沢な使い方はなかなかしないでしょうが、WORLD GADGETSから販売されているMagFloというマウントでiPadをフローティングすることもできます。

デスククランプとグロメット穴への設置方法

エルゴトロン TRACEのデスクマウント部分を撮影してみた
  • クランプ式
  • グロメット式

エルゴトロン TRACEには大きく2つの取り付け方法があります。

クランプ式はデスクに挟み込むタイプでグロメットは作業穴などでデスクを貫通した状態で固定するものとなっています。

クランプ式

エルゴトロン TRACEはクランプ式のマウントに対応している
クランプ式

天板に挟み込むクランプ式は最大65mmまでの厚さに対応しています。一般的なデスクであれば厚みに困ることなく取り付けることが可能です。

ただし付属しているクランプはサイズが大きいため天板背面や下などで干渉してしまう人向けにスリムクランプキットが別売りされています。

12mm〜32mmまでの厚さに対応しており、TRACEをしっかりと固定してくれます。

グロメット式

初期購入時はクランプ式が付属されているため、グロメットで固定したい場合は別売りのグロメットマウントを購入する必要があります。

大きさは8mm〜51 mmまでの穴に対応しています。


どちらの固定方式も環境に応じて選ぶことができ、どんな環境で問題なく装着できるよう工夫がされています。

エルゴトロン TRACEのレビュー

それではエルゴトロン TRACEを実際に使ったレビューをしていきます。

DELL U3223QEに取り付けてみた

エルゴトロン TRACEにはDELL U3223QEという31.5インチのディスプレイを取り付けることにしました。スタンド無しで5kg弱の重量になります。

エルゴトロン TRACE購入時の組み立ては割愛して、ディスプレイ取り付け部分にフォーカスを当てています。

エルゴトロン TRACEへの取り付けは非常に簡単です。

  1. デスクにクランプで取り付ける
  2. ディスプレイ裏にマウントをねじ止めする
  3. エルゴトロン TRACEのクイックリリース ブランケットにスライド
  4. ディスプレイの重量に合わせて強度調整
STEP
デスクにクランプで取り付ける
エルゴトロン TRACEのクランプ式マウントを撮影してみた

エルゴトロン TRACEをデスク上にクランプしていきます。

最大65mmの天板厚みまで対応しているエルゴトロン TRACEはどんな環境であっても取り付けることができます。

エルゴトロン TRACEをクランプでマウントしている様子

デスクの厚みに応じてクランプの固定部分を調整してネジ止めしていくだけでOKです。

STEP
ディスプレイ裏にマウントをねじ止めする
DELL U3223QEにエルゴトロン TRACEのクイックリリースプレートを装着している

付属のマウントをディスプレイにネジ止めしていきます。

DELL U3223QEはVASA規格に対応している
DELL U3223QEにエルゴトロン TRACEのクイックリリースプレートを装着した

ディスプレイによってはVESA規格部分が埋まっているものもあるため、その場合は付属している十字のプラスチックをはさみましょう。

STEP
エルゴトロン TRACEのクイックリリース ブランケットにスライド
エルゴトロン TRACEのクイックリリースプレートの本体部分

エルゴトロン TRACEには最初からクイックリリース ブランケットが付属しています。こちらディスプレイをスライドするだけでロックしてくれる非常に便利な物です。

DELL U3223QEをスライドして取り付けている
DELL U3223QEをエルゴトロン TRACEでマウントした

斜めにするとディスプレイを差し込みやすくなります。大型ディスプレイを設置する際は無理せず2人以上で行うことを推奨します。

STEP
ディスプレイの重量に合わせて強度調整
エルゴトロン TRACEの上部には強度調整用のネジがある
上部の蓋を
エルゴトロン TRACEの強度調整は蓋を開くことでアクセスできる
開くことでアクセスできる

ディスプレイを取り付けたあと忘れちゃいけないのが強度調整です。エルゴトロン TRACEを使いやすくするには必須の調整方法となります。

調整部分は2箇所で上下方向のリフト強度とディスプレイを前後方向に振るチルト強度の調整となります。

ディスプレイが固定できる範囲で少し力を加えたら簡単に動く。このくらいの強度に調整できればOKです。

軽い力でディスプレイを動かせる

エルゴトロン TRACEはディスプレイを軽い力で動かせる

エルゴトロン TRACEを使えば前述した独立機構によって前後左右上下の動きを独立して行うことができます。

9.8kgのディスプレイにまで対応している強力なバネで軽々とディスプレイを動かすことが可能。スイスイと任意の方向に動かすことができます。

取り付けのときにやった強度調整によって軽い力での稼働が可能となります。

取付方法の部分で前述しましたがエルゴトロン TRACE内部にはバネの反発力を調整するネジもあるため、付属したレンチ1つで簡単に調整することができます。

使い終わったときに押し込めば中央位置に戻るためディスプレイ位置を細かく調整する必要がありません。

固定したい位置にピタッと固定できる

エルゴトロン TRACEは9.8kgまでのディスプレイに対応しているだけあってアーム内部のバネはは非常に強く設計されています。

そのため大は小を兼ねるとだけあってぼくの使っているDELL U3223QEくらいであればピタッと固定してくれます。

エルゴトロン TRACEの強度調整には数字を示す場所がある

内部のバネをちょうど良い感じ(バネの指標で05のあたり)に調整すればディスプレイを動かした際にピタリと止まってくれます。これがとても気持ちが良く購入当初はディスプレイを動かす回数が非常に多くなりました(笑)

スタンディングデスクを使っている関係でスタンディング状態だとモニターを少し自分に近づけたほうが見やすくよく前後に調整しています。

デスクの真ん中にディスプレイがかならず来る

エルゴトロン TRACEを使えばデスクの真ん中にディスプレイが配置される

デスクで作業しているとデスクの中心から左右にずれて座っていることみなさんも経験あるのではないでしょうか。ずれていると気付いたら直すよう心がけています。

ぼくは幅180cmの天板を使っているため座っている視点から中心は分かりづらくなっています。

そんな時にエルゴトロンTRACEがあえば一発解決。デスク中心にあるエルゴトロン TRACEを中心に自身の位置を調整すれば自ずとデスク中心に位置取ることができます。

モニターマウントの中心とディスプレイの中心線が一致しているエルゴトロン TRACEならではです。

ほかのモニターアームであればディスプレイを中心に持ってくるためにマウント部分は少しずらして設置することがほとんどです。

専用ブランケットのおかげでディスプレイの装着が楽

エルゴトロン TRACEのクイックリリースプレートはディスプレイの取り付け外しが非常に楽になる

エルゴトロン TRACEにはクイックリリースブラケットが付属しています。

スライドしてディスプレイを取り付けるだけと装着するとき非常に楽に行うことができます。

逆に脱着の際もタブを引き、持ち上げれば簡単に外せるようになっています。

クイックリリース ブラケットのみ販売中!

ケーブルマネジメントをは付属よりスリーブがおすすめ

エルゴトロン TRACEにはケーブル配線用の金具が付属しています。が、個人的にはスリーブに収納して固定したほうがケーブルマネジメントしやすかったので紹介します。

エルゴトロン TRACEのケーブルマネジメントにスリーブを使ってみた
エルゴトロン TRACEの配線をスリーブにまとめてみた

装着しているディスプレイ DELL U3223QEには電源や映像ケーブルが数本伸びています。それをスリーブにまとめて収納。

エルゴトロン TRACEのアーム部分にケーブルタイで固定すれば稼働にも問題なく動かすことができます。1つにまとまるため配線整理も非常に簡単でした。

使用したスリーブはこちらです

エルゴトロン TRACEの気になった点

エルゴトロン TRACEの気になった点をまとめていきます。

価格が高い

エルゴトロン TRACEの実売価格は執筆時40,000円前後となっています。定番のエルゴトロンLXですら値上がりしたとはいえ20,000円前後とその価格差は倍です。

性能的にこの価格であっても後悔させることはありません。

しかし導入のハードルの高さは通常のモニターアームの比ではありません。

じゃが

モニターアームやマウントに¥40,000となるとさすがに高いよね。

ホワイトは全て白塗装にしてほしかった

今回エルゴトロン TRACEのホワイトを購入させてもらいました。ぼくのデスク自体がナチュラルホワイトを目指しているため白への統一は欠かせません。

エルゴトロン TRACE ホワイトは駆動部分は黒色となっている

ただエルゴトロン TRACEのホワイトカラーは一部ブラックと同じパーツの使い回しのように一部分が黒だったのでこだわりを持って購入される方は注意が必要です。

エルゴトロン TRACEの駆動部分はどのカラーを選択しても黒となっている
エルゴトロン TRACEのクイックリリースプレートも黒色となっている

実際はディスプレイで隠れる土台部分より先端となる駆動部やVESAマウント部分が全て黒になっていました。

エルゴトロン TRACEはどんな人におすすめ?

エルゴトロン TRACEの背面には企業ロゴがプリントされている

最後にエルゴトロン TRACEはどんな人におすすめなのかまとめていきます。

エルゴトロン TRACEはこんな人におすすめ
  • ディスプレイを頻繁に動かす機会がある
  • ディスプレイをデスク中央にしっかり配置したい
  • 配線を楽に済ませたい

エルゴトロンは前後左右上下への独立機構により軽い力で簡単にディスプレイを任意の位置に動かすことができます。一般的なモニターアームより配置換えが容易となっています。

またシンメトリーな機構であるためデスク中心に1度配置してしまえば、ディスプレイがデスク中心からズレることがありません。そのためディスプレイを目印にデスク中心に座って気持ちよく作業することができます。

また一般的なモニターアームよりも配線が楽になっており、配線スリーブでまとめてアーム部分に固定すれば簡単にまとまります。

まとめ

モニターマウント エルゴトロン TRACEをレビューしてみました。

エルゴトロン TRACE
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 軽い力でディスプレイを動かせる
  • 固定したい位置にピタッと止まる
  • デスクの真ん中にディスプレイがくる
  • 専用ブランケットでディスプレイの脱着が容易
デメリット
  • 価格が高い
  • ホワイトなのにアーム部分が黒

エルゴトロン TRACEは従来のモニターアームと比べて前後左右上下の独立駆動がディスプレイを軽い力で動かすことを可能としています。

38インチ・9.8kgの重量まで対応しているスプリングはディスプレイをしっかりと固定してピタッと止めてくれます。

エルゴトロン TRACEはシンメトリーな設計になっているため、押し込めば必ずディスプレイがデスクの真ん中に配置されいつでも気持ちよく作業することができます。

個人的には1番押したいポイントで従来のモニターアームでは難しかった「ディスプレイの元位置配置」がサッと行えます。

価格から購入へのハードルは高いですが、導入すれば満足度高く使えるモニターマウントであることは間違いありません。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

エルゴトロン TRACE レビュー | ディスプレイが中心にくる稼働が容易なモニターマウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次