\ 最大15%ポイントアップ! /

Satechi SM1 メカニカルキーボード レビュー | グレーな見た目と軽快なタイピング体験

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
Satechi SM1 メカニカルキーボード レビュー | グレーな見た目と軽快なタイピング体験

この記事でわかること

  • Satechi SM1 メカニカルキーボードの使用感や特徴
  • 打鍵感について音動画付きでまとめてみた

こんにちは!じゃが畑のじゃが(@jaga_farm)です。

PCを使う上で毎日使うキーボード。デスク中心に置くことが多くデスクの顔の1つとなっています。

今回レビューしていくのはApple製品のアクセサリで有名なSatechiから販売開始されたメカニカルキーボード「Satechi SM1 メカニカルキーボード」です。コンパクトな75%キーボードでホワイト × グレーのミニマルなデザインが採用。

背の低いロープロファイルキーボードで高さが低いため、長時間使っても手の疲れは少ないです。またキースイッチにタクタイル(茶軸)が採用されており、特に反発力の強さが心地よく気に入りました。キーをタイピングしたときにしっかりと押し返してくれるので軽快な打鍵感を提供してくれるんですよね。間隔としてはまろやかというよりサクサク。

サクサクと文字入力が進むので仕事が捗ります。社用PCにも簡単に接続できる 2.4GHzレシーバーを搭載しておりペアリングなしで使えるのも魅力的です。

じゃが

デザインから打鍵感まで高得点なメカニカルキーボードだよ!

Satechi SM1 メカニカルキーボードはどういう商品
  • コンパクトな75%キーボード
  • タクタイルキー(茶軸)採用
  • US配列のみ
  • Bluetooth・2.4GHzレシーバー・有線接続に対応
  • バックライトなしで2ヶ月の充電持ち
  • ダークグレーとライトグレーのラインナップあり

それではSatechi SM1 メカニカルキーボード レビュー | グレーな見た目と軽快なタイピング体験を書いていきます。

本記事はSatechiより製品提供を受けて執筆しています。

目次

Satechi SM1 メカニカルキーボードの特徴


Satechi SM1 メカニカルキーボード
サイズ308 × 119 × 24mm
重量471g
キースイッチタクタイル(茶軸)
配列US配列
接続方法Bluetooth5.0(2台対応)
2.4GHzレシーバー
有線接続
キー数84
(75%キーボード)
稼働時間バックライトあり:16.5時間
バックライトなし:2ヶ月
カラーダークグレー
ライトグレー
対応OSWindows / Android
Mac / iOS
接続ポートType-C
Satechi SM1 メカニカルキーボードの特徴
Satechi SM1 メカニカルキーボードの付属品を並べてみた
付属品
付属品
  • SM1 メカニカルキーボード本体
  • Windows用キーキャップ(Windowsキー / 左Altキー / 右Altキー)
  • 2.4GHz USBレシーバー
  • 取扱説明書

Satechi SM1 メカニカルキーボードのレビュー

Satechi SM1 メカニカルキーボードを使ってみたレビューをしていきます。

コンパクトでマットなデザイン

Satechi SM1 メカニカルキーボードを白背景で撮影してみた

Satechi SM1 メカニカルキーボードは上部にファンクションキーまで搭載された75%キーボードとなっています。カラーはライトグレーとダークグレーの2色展開で個人的には白とグレーのキーキャップで構成されたライトグレーの配色が非常に気に入りました。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは白デスクに馴染んでくれる

キーキャプが落ち着いたマットな色味となっているため白系のデスクに悪目立ちすることなく馴染んでくれます。

Satechi SM1 メカニカルキーボードはCHERRY MX(互換)キーキャップとなっている
CHERRY MX(互換)キーキャップとなっている

CHERRY MX(互換)キーキャップとなっており、他のキーボードに対しても使える汎用性のあるキーキャップとなっていました。逆を返すとSatechi SM1 メカニカルキーボードのキーキャップは市場で販売されているキーキャップへの交換が可能となっています。

Satechi SM1 メカニカルキーボードの底面はアルミニウム素材となっている
底面はアルミニウム素材

底面はアルミニウム素材となっており、黒に近いグレーとなっています。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは角度を調整することが可能
0段階
Satechi SM1 メカニカルキーボードの角度を1段階調整してみた
1段階
Satechi SM1 メカニカルキーボードの角度を2段階調整してみた
2段階

また角度を2段階調整できる脚があり、少し傾斜をつけて使うことも可能です。

配列はUS配列のみとなっており、JIS配列は用意されていないため注意が必要です。

じゃが

マットな白・グレーが好きな方にはどストライクなデザインです。さすがSatechi製ですね。

軽快な打鍵感でタイピングが捗る

Satechi SM1 メカニカルキーボードにはタクタイルキー(茶軸)が搭載されています。

キースイッチ情報
  • タクタイルキー(茶軸)
  • キーストローク:2.6±0.4mm
  • キー荷重:50±5gf

キースイッチはタクタイルのみのラインナップとなっており、よくあるリニア(赤軸)やクリッキー(青軸)は用意されていません。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは高さが20mm程度のロープロファイルキーボードなので、キースイッチとしては少し硬めのタクタイルがちょうどよいです。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは軽快な打鍵感を提供してくれる
反発力の強い軽快な打鍵感

実際打鍵してみた感想としてはマイルドより軽快な印象。遊びは少なくキーが一気に底までコトっと落ちていく印象があり、底打ちした後にキースイッチのスプリングで一気に押し返されていきます。そのため軽快な印象を与えタイピングがものすごくはかどります。

アルミニウムのボディが採用されていることもありタイピング中にブレるようなことは一切ありませんでした。

打鍵音としては高めの音が返ってくることから静音というよりは少し高めの音が聞こえてくる印象。静音とまではいきませんが、それほどうるさいという印象も受けませんでした。タイピング音は短いですが、動画にしてみました。

2.4GHzのレシーバーが便利

Satechi SM1 メカニカルキーボードは3種類の接続方法に対応している
Fnキー + 1〜4キーでペアリング可能

Satechi SM1 メカニカルキーボードには3つの接続方法があります。

  • Bluetooth 5.0(2台対応)
  • 2.4GHzレシーバー
  • 有線接続

上記の接続方法でBluetoothは2台までペアリング登録可能となっています。ここで着目したいのは2.4GHzの専用レシーバーに対応していること。Bluetoothよりも安定的で遅延の少ないタイピングが可能となります。有線接続には及びませんが、ゲーミング用途のような即時性が求められる使い方にも向いています。

Satechi SM1 メカニカルキーボードの2.4GHzレシーバーを接続してみた
2.4GHzレシーバーを接続

底面にマグネットで張り付いている2.4GHzレシーバーはUSB Type-A端子となっており、購入時点から手元のSatechi SM1 メカニカルキーボードとペアリングされています。そのためレシーバーをPCに刺すだけで動作。面倒なペアリング操作など全く必要なくPCを良く入れ替える方はレシーバーを挿し替えるだけで使えるようになっています。

MacBookなどUSB Type-C端子しかないPCで使うならBluetoothが手軽です。ただし2台までしかペアリングできないため、それ以上の台数とBluetoothを組み合わせて使う場合は使用時にペアリングをやり直す必要があり少し手間になります。

Satechi SM1 メカニカルキーボードのレシーバーは底面にマグネットで吸着可能
レシーバーはマグネットで底面に吸着している

Bluetoothでも安定していますがデスク上など固定してずっと使う場合にはレシーバーを使った接続方法の方が安定性が高いです。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは技適認証に対応している
技適マークあり

無線接続に関する技適認証は通っていることも確認できるので安心して使うことができます。

LEDライトには14パターンの光り方がある

Satechi SM1 メカニカルキーボードは14種類のライティングに対応している

Satechi SM1 メカニカルキーボードのライティングは14パターン内蔵されています。光り方はRGBのカラフルではなく白LED1択。白とグレーのキーキャップが採用されているSatechi SM1 メカニカルキーボードにはピッタリのライティングとなっています。

Satechi SM1 メカニカルキーボードは上部にライティングキーが搭載されている
delキー横に電球マークのキーを搭載

ライティングパターンは右上の電球マークのキーで変更可能。押下するたびに1パターンずつ変わっていきます。ただ誤って電球マークのキーを押下すると元に戻すのに14回キーを押下する必要があるのは少し煩わしく感じました。

Satechi SM1 メカニカルキーボードのライティングキーはホームポジションから届かない
ホームポジションからは届かない位置

ただホームポジションから指を動かさないタイピングであれば電球マークのキーは指が全く届かない位置なのでぼくの場合は誤ってキーを押下することはありませんでした。ちなみにキーライティングをON / OFFするのであれば3秒間長押しする必要があり、OFFの状態で電球マークのキーに触れても一切動作することはありませんでした。

ちなみに省電力性を考慮してバックライトをONにしている場合でも、1分間操作がない場合にはライティングが自動で消灯するようになっています。また何かのキーを押下すれば点灯しだすため使用するうえで支障にはなりません。

Satechi SM1 メカニカルキーボードの気になった点

Satechi SM1 メカニカルキーボードの気になった点をまとめていきます。

ホットスワップは非対応

Satechi SM1 メカニカルキーボードのキースイッチははんだ付けされている
キースイッチははんだ付けされている

Satechi SM1 メカニカルキーボードはロープロファイルとしては無難なタクタイルキー(茶軸)が採用されており、タイピングに不満はありませんでした。ただメカニカルキーボードと聞くとさまざまなキースイッチを使いたいといったニーズも少なくないのではないでしょうか。

ただはんだ付けされているSatechi SM1 メカニカルキーボードではキースイッチの交換は基本的に不可。分解してはんだを吸えば交換可能になるかも知れませんが、基本的にはそこまでするくらいなら他のキーボードを買い求めた方が早いと思います。

有線接続するとスペースキーの赤や緑LEDが気になる

Satechi SM1 メカニカルキーボードのスペースキーは充電中赤く点灯する
スペースキー部分が赤く点灯

遅延が最も少なく安定している有線接続にもSatechi SM1 メカニカルキーボードは対応しています。有線接続中はPCより給電され同時に内蔵バッテリーへの充電もされていきます。

Satechi SM1 メカニカルキーボードの充電中は赤いランプが目立つ
赤ランプが意外と目立つ

問題は充電時のインジケーターランプがスペースキー部分のLEDに内蔵されていること。そのためバックライトのON / OFFにかかわらず有線接続中は充電が終わるまでスペースキー部分が赤色点灯。かなり悪目立ちしてしまいます。

インジケーターランプは常に見るものでもないため、キーボード使用中には見えない側面などに搭載してほしかったです。

こういった点からもSatechi SM1 メカニカルキーボードは2.4GHzレシーバーなどを使った無線接続がおすすめとなります。

Satechi SM1 メカニカルキーボードはどんな人におすすめ?

Satechi SM1 メカニカルキーボードをデスク上に置いてみた

最後にSatechi SM1 メカニカルキーボードはどんな人におすすめなのかまとめていきます。

Satechi SM1 メカニカルキーボードはこんな人におすすめ
  • 白系デスクで揃えて使いたい
  • ロープロファイル(背の低い)キーボードを使いたい

Satechi SM1 メカニカルキーボードの最初に目を引くのはなんといってもホワイト × グレーの本体デザインではないでしょうか。落ち着いたカラバリで自然とデスクに馴染んでくれるそのさまはさすがSatechiといったところです。Mac製品を置いているデスクに合うような色合いになってますよね。

SM1 メカニカルキーボードは背の低いロープロファイルキーボードとなっており、手首を置くリストレストなどなくても問題なく長時間利用することができました。キーを押したときの距離も短いため、疲れが少ないのが特徴です。

まとめ

ロープロファイルメカニカルキーボード Satechi SM1をレビューしてみました。

SM1 メカニカルキーボード
総合評価
( 4 )
メリット
  • コンパクトでマットなデザイン
  • タクタイルの軽快なタイピング体験
  • 白デスクにピッタリのデザイン
  • 2.4GHzレシーバーが遅延少なくペアリングもなしで楽
  • 14パターンのライティングパターンあり
デメリット
  • ホットスワップ非対応
  • 充電中はスペースキー部分が赤点灯

SM1 メカニカルキーボードはデザインに惹かれて興味を持ちましたが、いざ使ってみると軽快な打鍵感でカタカタとタイピングが捗り驚かされました。スプリングの反発力が強いのかカタカタとキー入力が進んでいくんですよね。

ロープロファイルながらしっかりとした反発力があるキー入力がすごく気に入りました。75%サイズくらいが必要キーが揃っていて使いやすかったです。

2.4GHzのレシーバーはUSB Type-AなのでMacBookなどには使いづらいですが、レシーバーが使えるシーンでは1番遅延が少なく安定していて有線接続のように使うことができました。

1点有線接続中、スペースキーが充電ランプとして赤く光るのが少し気になりましたが、日頃無線接続して使えば気になることはないかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

Satechi SM1 メカニカルキーボード レビュー | グレーな見た目と軽快なタイピング体験

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次