【wraplus スキンシール】iPad Pro 11(第3世代)に貼り付け | Magic Keyboad使用時の傷を防ぐ

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

M1 iPad ProがiOS16へのアップデートで、ステージマネージャーが導入され外部ディスプレイに正式対応となります。

iPad Pro 11(第3世代)とMagic Keyboardを円安の影響による価格改定前に急いで購入しました。

Magic Keyboardを買う前から分かってはいましたが、Magic Keyboardを使用しているときは全面保護ケースを付けることができません。

そのため今回初めてスキンシールでiPadを保護しようと思い、挑戦してみました。

男爵

Magic Keyboardと併用できる完全全面保護ケースってないんだよね・・・

wraplus スキンシールの特徴
  • Magic KeyboardやSmartKeyboard Forioとの併用可能
  • カラー(模様)は驚きの34種類から選べる
  • iPadのみならず、iPhone・MacBook用のスキンシールもあり
  • 専用設計で隙間なくピッタリ合う
  • スキンシールでイメージチェンジと全面保護を実現

それでは【wraplus スキンシール】iPad Pro 11(第3世代)に貼り付け | Magic Keyboad使用時の傷を防ぐを書いていきます。

\ 筆者が今回買ったカラーはこちら /

目次

iPad Pro 11インチ(第3世代)の使用方法

筆者のiPad Pro 11インチ(第3世代)の使用方法について紹介します。同じような使い方をしている方にはwraplusのスキンシールがピッタリかもしれません。

  1. Magic Keyboardを使ったブログ記事執筆やネットサーフィン、動画鑑賞
  2. Apple Pencilを使って勉強やメモ
  3. ソファの上など手に持った状態でブラウジングなど
  • 基本外での使用はなし

①〜③でピックアップしましたが、①のときはケースなし。②、③のときはMagic Keyboardから取り外してESRのSmartForioのようなケースに付け替えています。

ESRのiPad Pro用ケース
ESRのケース
ESRのiPad Pro用ケースは側面は守れない
側面が保護されない

Apple純正のSmartForioもそうですが、側面が無防備なんですよね。さらに日常使いではESRのケースへの付け替えも面倒でした。

またMagic Keyboardを使用していると全面保護するためのケースがかなり限られてきます。私が知っている限りでは2つのみです。今回購入したwraplus スキンシールと合わせて比較していきます。

スクロールできます
商品特徴価格
(執筆時)

PITAKA
MagEZ Case 2
MagEZ Standに対応している
カーボン柄がかっこいい
カラバリが黒系のみ
完全全面保護ではない
7,499円

SwitchEasy
Apple Pencil収納スペースあり
カラバリに黒と白がある
完全全面保護ではない
5,990円

wraplus
スキンシール
価格が安価
ラインナップが多く、好きな色を選択可能
全面を小傷から保護してくれる
0.2mmのシールなので傷には弱い
2,190円
Magic Keyboardと併用できるケースの比較

2つとも少し高価なケースであることに加えて、Magic Keyboardに対応させるために側面全体が保護されません。

そのため室内利用の多い筆者は小傷から全面を保護してくれる「wraplusのスキンシール」を選択しました。

男爵

正直PITAKAさんから白カーボン柄が出ていたら購入していたかもしれません。PITAKAさんよろしくお願いします!

wraplusとは? | 様々な機種のスキンシールを販売中

wraplusのイメージカラーは最近変更があったみたいです
wraplusのイメージカラーは最近変更があったみたい
wraplusとは?
  • 高品質なスキンシールを製造している会社
  • Apple製品だけでもMacBook / iPhone / iPadのラインナップ
  • 他にGoogle社のPixelやWindows社のSurfaceのラインラップあり

\ Amazonのwraplus専用ページはこちら

MacBookにスキンシールを貼ってイメージチェンジをしている写真を時々見かけませんか。そのスキンシールを製造している会社となります。

スクロールできます

MacBook

iPhone

iPad
各端末のスキンシール例

柄のラインナップは同じなので揃えて買えば、手持ちのAppleデバイスのカラーが全て揃います。

開封

スクロールできます
wraplusの外箱は特徴なデザイン
特徴的なデザイン
開封すると「ARIGATO!」の文字
スキンシールはビニールに包まれており、防水対策はバッチリ
スキンシールの防水対策はバッチリ

wraplusのスキンシールは初めて購入させてもらいましたが、非常に特徴的なデザインの箱に入っていました。

wraplusのスキンシールの付属品
付属品
  • スキンシール
  • クリーニングワイプ
  • 貼り方ガイド

今回はホワイトカーボン柄を購入してみました。34種類のカラーラインナップがあるのでどうしようか非常に悩みましたね。

白系を選ぼうとするだけでも柄が数種類あります。(無印 / ホワイトレザー / ホワイトカーボン / ホワイトアブストラクト)

wraplus スキンシールをiPad Pro 11インチ(第3世代)に貼り付け

iPad Pro 11インチ(第3世代)シルバーのスキンシール貼り付け前
iPad Pro 11 シルバー 貼り付け前

それでは早速貼り付けていきましょう!今回は白のMagic Keyboardに合わせて購入したiPad Pro 11 シルバーに貼り付けていきます。貼り付け方法は以下のとおりです。

  1. 付属のクリーニングワイプでiPadを拭き取る
  2. iPad Pro側面からスキンシールを貼り付けていく
  3. カメラ部分に貼り付け
  4. iPad Pro裏面全体に貼り付けていく
STEP
付属のクリーニングワイプでiPadを拭き取る
iPad Proを付属のクリーニングワイプで拭き取り

まずは付属のクリーニングワイプを使ってiPad Proを綺麗に拭きましょう。

このとき汚れが残っていると、後々スキンシールが剥がれやすくなります。

STEP
iPad Pro側面からスキンシールで貼り付けていく
今回購入したスキンシールはホワイトカーボン柄
貼り付け順番

まずは側面のシールを貼り付けていきます。貼り付けは「下側→左側面→上側→右側面」の順番で進めていきました。

かなりサイズはシビアに作られているため、穴の多い箇所から貼り付けていきましょう。特にマイク穴のみしかない部分(右側面)は最後に貼り付けることをオススメします。

スクロールできます
iPad Proの下側にスキンシールを貼り付けている
①下側
iPad Proの左側面にスキンシールを貼り付けている
②左側面
iPad Proの上側にスキンシールを貼り付けている
③上側
iPad Proの右側面にスキンシールを貼り付けている
④右側面

直置きしていると作業しづらかったので、iPad Proのディスプレイが傷つかないものを下に引いて作業しました。

\ちなみに私は近くにあり、シリコン素材だったリストレストCarpio 2.0を下に引きました/

STEP
カメラ部分に貼り付けていく
カメラ部分にスキンシールを貼り付け
カメラ部を貼り付け

次はカメラ部分にスキンシールを貼り付けていきました。3パーツに分かれており、「カメラ部全体」「超広角レンズ」「広角レンズ」となっています。

スクロールできます
超広角レンズの縁部分にスキンシールを貼り付け
超広角レンズ
広角レンズの縁部分にスキンシールを貼り付け
広角レンズ

カメラ部分にスキンシールを貼り付けると、ラピュタに出てくるロボット兵のような見た目になってしまいました(笑)

カメラ部分を貼るとデザインが少し変

レンズ部分への貼り付けは保護を取るか、デザインを取るかで好みが分かれるかもしれません。筆者はとりあえず貼っておきました。

STEP
iPad Pro背面全体に貼り付けていく
背面のスキンシールのみ残った台紙
残りのスキンシール
台紙から枠シール部分を取り除く
枠部分を取り除く

残るは背面全体のみとなりました。台紙から余分なスキンシール部分を剥がします。

このときAppleロゴ部分を取り除かないと、背面貼り付け後では取り除けないので注意しましょう。

スキンシールを台紙からずらして背面に貼り付け

シールを一度剥がし、台紙からずらした状態でiPad Proに貼り付けていきます。

カメラの縁と接続端子に合わせて貼り付けていくとiPad Proの枠にピッタリ合います。

背面を一部固定したら台紙を剥がしていく

ズレがなく貼れたら台紙を取り除いていきましょう。

このとき先ほど貼り付けた部分がズレないよう注意してください。本体と接着している面を抑えながら、台紙をめくっていくとズレにくいです。

wraplusのスキンシール貼り付け完了

これでスキンシールの貼り付け完了です。お疲れ様でした。

スキンシールを貼り付けた状態を細かく見ていく

スキンシール貼り付けのbeforeとafterを並べてみた
before | after

スキンシールを貼り付け後の状態を細かく見ていきましょう。貼り付け前後で並べて比較すると、カメラ部分が大きく変わっていますね。

側面の貼り付け状況

下側はUSB-C端子とスピーカー穴に合わせて切り抜かれている
下側

下側はUSB-Cとスピーカーの穴に合わせて綺麗に切り抜かれています。USB-C端子を指しても特に干渉することはないです。

左側面は音量ボタンに合わせて切り抜かれている
左側面

左側面は音量ボタンが綺麗に切り抜かれています。Cellularモデルを購入したときはSIMスロット部分もスキンシールを取り除いて貼り付けることができるので安心です。

上側は電源ボタンなどに合わせて切り抜かれている
上側

上側は電源ボタン / スピーカー / マイク穴がと1番切り抜きが多いです。電源ボタンを起点にして貼り付けていきました。

右側面はマイク穴に合わせて切り抜かれている
右側面

最後は右側面を貼り付けました。マイク穴しかないので調整が難しいですが、最後に貼り付けるため上下側面のシールとの位置関係から自ずと位置が決まってきます。

スクロールできます
下側のスキンシールは重ならず貼り付けられている
上部のスキンシールは重ならず貼り付けられている
下側のスキンシールは重ならず貼り付けられている

角を様々な視点から撮影してみましたが、側面シール同士が干渉することも隙間もほぼなく貼り付けることができました。

wraplus スキンシールがいかに精巧に作成されているかがわかりますね。

カメラ部分の貼り付け状況

カメラ部分はレンズやLiDARセンサーに干渉しないよう設計されている

カメラ部分は3枚のシールを組み合わせて貼りました。カメラ部分はレンズやLiDARセンサーがあるのでシールの位置決めが非常にシビアでした。撮影時等にレンズ部分に貼り付けたスキンシールが写り込むことはありません。

見た目の話だけすると広角と超広角レンズシールは貼らなかくてよかったかなと少し思います。まぁ剥がすのはいつでもできるので、見た目に飽きたら剥がしたいと思います。

背面の貼り付け状況

スキンシールを貼り付けた背面全体
背面全体

背面部分はAppleロゴと接続端子を除いて全て保護してくれます。それぞれを細かく見ていきましょう。

wraplusのスキンシールはAppleロゴに合わせて切り抜くことができる
Appleロゴ

Appleロゴは綺麗にくり抜かれています。

ロゴは背面貼り付け前に取り除くか選択します。私はAppleロゴが見えなくなるのは嫌だったので、あらかじめ取り除いてから貼り付けました。

wraplusのスキンシールは接続端子と干渉しない

Magic KeyboardやSmartKeyboard Forioと接続する端子部分も綺麗に繰り抜かれています。

男爵

wraplusのスキンシールは精巧な作りでジャストサイズだよ!

スキンシールを貼り付け後にMagic KeyboardとApple Pencilを使ってみた

スキンシール貼り付け後にMagic KeyBoardやApple Pencilが問題なく使用できるか確かめてみました。

Magic Keyboard | 閉じる時に一瞬引っかかる

スクロールできます
iPad Pro 11用のMagic Keyboard
スキンシールを貼り付けた状態でiPad ProをMagic Keyboardに取り付けてみた
スキンシールを貼り付けたiPad Pro 11用のMagic Keyboard

早速Magic Keyboardへ装着してみましたが、貼り付け前後で磁力に問題はなくしっかりiPad Proがくっつきました。

スクロールできます
Magic Keyboardに取り付けた右サイドのスキンシールの様子
右サイド
Magic Keyboardに取り付けた左サイドスキンシールの様子
左サイド
Magic Keyboardに取り付けた上側スキンシールの様子
上部

サイドや上部も一切干渉することはありません。

Magic Keyboardを閉じていく
通常時
Magic Keyboardを閉じている途中の様子
閉めるときは背面はピッタリくっつく

最後に筆者は頻度が少ないですが、MagicKeyboardを開閉してみました。閉めるときはiPad Pro背面をMagicKeyboardにくっつけて閉じていきます。

スキンシールを貼り付けているとMagic Keyboardを閉じるとき少し干渉する

閉じていると、ここで問題が・・・

写真のゴム部分が微妙に引っかかります。スキンシールの厚みは0.2mmなので、サイズアップしている弊害でしょうか。

スキンシールを貼り付けてもMagic Keyboardを閉じることができる

ただ一瞬引っかかるだけで、普通に閉じることができました。再度開閉をした時に引っかかりは特にありません。

MagicKeyBoard貼り付け時にも少し遊びがあり上下に少し動きます。iPad Proが上寄りにくっついていると先ほどのゴム部分と干渉しないことがわかりました。

男爵

なのでPITAKAなどのケースは一部裸なんでしょうね。よく考えられてます。

Apple Pencil | 磁力も認識も全く問題なし

Apple Pencilを取り付けている様子

次はApple PencilをiPad Proにくっつけてみました。

スキンシールを貼り付けてApple Pencilが使用できるか確かめる
スキンシールを貼り付けてもApple Pencil使用可能

結果としては全く問題なし!磁力できちんとくっつきますし、認識も問題なくしてくれます。

Magic Keyboardをよく使う方はわかると思いますが、Apple Pencilを使うときはMagic Keyboardから外して使うことが多いです。Apple Pencil使用時はiPad Proが裸になっていましたが、これからはスキンシールで保護されます。

男爵

Magic Keyboardを使用するからケースによる保護ができなかったけどこれからは保護されるね!

まとめ

wraplusのスキンシールを貼り付けたまとめ

wraplusのスキンシールは今回購入して大満足でした。

メリットデメリット
Magic KeyboardやApple Pencil使用可能
日常使いでつく小傷から保護してくれる
ApplePencil脱着時の傷から守る
iPad Pro本体のデザインを損なわない精巧な作り
iPad Pro本体のカラーを変えることが可能
比較的安価に試せる
Magic Keyboardを閉じるとき一瞬ゴムに引っ掛かる
強い衝撃からiPad Pro本体を守ってくれない

私のようにMagic Keyboardを使うけど、小傷から守りたいという方にとってはおすすめできる商品です。

外出時はSmart Forioを取り付けて持ち歩けばOKですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた〜!

Apple(アップル)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次