PITAKA MagEZ Case 2 レビュー | Magic Keyboardで使える保護ケース!スキンシール貼って使えるか試してみた[PR]

PITAKA MagEZ Case 2 レビュー | Magic Keyboardで使える保護ケース!スキンシール貼って使えるか試してみた

こんにちは!じゃが畑の男爵(@jaga_farm)です。

iPad ProのMagic Keyboard愛用者なら1度は調べる”「Magic Keyboard 保護ケース」”。このキーワードはMagic Keyboardは基本的に保護ケースで装着しないと使えないから一定の需要があるんですよね。

この悩みを解決するために筆者は今までスキンシールを本体に貼っていました。そのスキンシールをレビューした時に書きましたが、解決するには3つの選択肢があります。

スクロールできます

PITAKA
MagEZ Case 2

SwitchEasy

wraplus
スキンシール
Magic Keyboardと併用できるケース
  • PITAKA MagEZ Case 2
  • SwitchEasy
  • スキンシール

今回PITAKA様からお話をいただきMagEZ Case 2をご提供いただいたのでレビューしていきます。

先に結果を言うと大満足!質感が高く使っていて満足度が高いです。初のアラミド繊維でしたが予想以上に柔らかくサラサラで驚きました。

男爵

他のケースと比べて質感も高く、さまざまな場面で使えるケースだったよ!

PITAKA MagEZ Case 2の特徴
  • アラミド繊維の丈夫なケース
  • MagEZ Case 2を装着したままMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioが使える
  • MagEZ Standとの互換性あり

それではPITAKA MagEZ Case 2 レビュー | Magic Keyboardで使える保護ケース!スキンシール貼って使えるか試してみた[PR]を書いていきます。

本記事はPITAKA様より製品提供を受けて執筆しています。

iPad Pro関連の記事はこちら

持ち運びはこちらのバックパックを使っています

目次

PITAKA MagEZ Case 2

MagEZ Case 2の外箱
MagEZ Case 2外箱の背面にはMagic Keyboardとの使い方がプリント

それでは開封していきます。今回、人生初のPITAKA製品でワクワクしながら開封していきました。

スクロールできます
PITAKAのロゴが大きくプリントされた質感の高い箱
高級感のある箱
蓋を開くとMagEZ Case 2が出現しました
MagEZ Case 2が出現
Thank Youとプリントされた商品ラインナップの紙が封入
Thank Youの文字
MagEZ Case 2のクイックガイドが同梱されていました
クイックガイド

梱包されている箱には高級感があります。PITAKAロゴの箱はマグネットで蓋がされており、細部へのこだわりも感じられました。

MagEZ Case 2のクイックガイドも同梱されています。

外観

MagEZ Case 2はアラミド繊維で高い質感
MagEZ Case 2はアラミド繊維
PITAKAのロゴがカッコ良く印字されている
PITAKAのロゴが印字

MagEZ Case 2はアラミド繊維が使われており、高い質感を得ることができます。

初めてアラミド繊維に触れましたが、カーボンと同様に硬いと思っていました。その予想はいい意味で裏切られ、アラミド繊維は「少し曲がる柔らかい素材で、触り心地はサラサラ」としています。

M1 iPad Pro 11インチにMagEZ Case 2を装着してみた
M1 iPad Pro 11インチに装着

実際に装着してみました。iPad Proのサイズにジャストで設計されているので隙間なくしっかり装着されています。

スクロールできます
MagEZ Case 2を装着した上側
上部
MagEZ Case 2を装着した下側
下部
MagEZ Case 2を装着した右側面
右側面
MagEZ Case 2はMagic Keyboard対応のために左側面が開いている
左はノーガード

当然各端子やスピーカー穴にもピッタリです。 Magic Keyboardの開閉に対応させるために左サイドは開いておりiPad Proが裸状態になるので注意が必要です。

背面にはSmart Connect対応のための端子がある
端子は薄く凹んでいる

背面にはSmart Connectに対応させるための端子が備え付けられています。この端子によってMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioとの互換性があるわけですね。

背面マグネット

MagEZ Case 2の背面にはマグネットが埋め込まれている
中央にはマグネットが配置

ケース裏側を見ると中央にマグネットが埋め込まれています。

MagEZ Case 2の内蔵マグネットは至るところにある
出典:PITAKA公式サイト

実はマグネットは中央以外にも配置されており、このマグネットによりMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioに貼り付いてくれます。

男爵

見えないところにもマグネットが埋め込まれており、他製品との互換性があるのは素晴らしいね!

スキンシールを貼っている場合には注意

wraplusのスキンシールをiPad Proに貼り付けている
wraplusスキンシール

これまでMagicKeyboardを使うためにiPad Proの裸運用は無理だったので、wraplusのスキンシールを貼り付けて全面に貼り付けていました。

今回レビューしているMagEZ Case 2は「スキンシールを貼り付けたまま装着できるのか」という疑問がありますが、結論からいうと” 不可 “でした。

スキンシールを貼り付けた状態でMagEZ Case 2を装着
パッと見スキンシールありでしっかり装着されていますが、

実際にスキンシールを貼ったままMagEZ Case 2を取り付けてみました。

スキンシールを貼り付けたままMagEZ Case 2は装着不可
上部 しっかりケースがはまっていない
MagEZ Case 2の下部のスピ-カー穴がズレている
下部 スピーカー穴がズレている

スキンシ-ルはそこまで分厚いものではありません。が、精巧に作られているPITAKA MagEZ Case 2には少しの厚みが命取り。

スキンシールを貼り付けたままの状態ではケースがしっかり装着できず、スピーカー穴もズレます。

スクロールできます
wraplusのスキンシールを剥がす
サイドを剥がす
wraplusのスキンシールは粘着が残らない
粘着が残らず綺麗に剥がせます
背面も剥がしていく
wraplusのスキンシールは粘着が残らない
接着面が多いのでしっかり貼り付いている

勿体無いですが、思い切ってスキンシールは剥がすことにしました。wraplusのスキンシールは粘着面が3M製で非常に強力でしたが、少しずつ剥がし進めていきました。

特に背面は接着面が多いので相当力と根気が必要です。ただ粘着は全く残らず、剥がした後に特に何かする必要はありませんでした。

男爵

短い間でしたが、wraplusのスキンシールありがとうございました。

wraplusのスキンシールを全て剥がすことができた
カメラ部分だけ保護のためにシール残しました

粘着面を残さず綺麗に剥がすことができました。MagEZ Case 2を装着する際は、iPadに何もつけていない状態でないとケース装着は厳しそうです。

iPad Proにスキンシールを装着している場合は剥がす必要があるので、購入の際は注意

Apple Pencil充電対応

MagEZ Case 2はApple Pencilの充電に対応している

PITAKA MagEZ Case 2はApple Pencil充電にも対応しています。ただしApple Pencilにカバー等装着していなければという条件付きです。

MagEZ Case 2はApple Pencil用の溝がある
ケースの溝に
MagEZ Case 2にApple Pencilを装着してみた
しっかりはまる

MagEZ Case 2の右サイドにはApple Pencilを装着するための溝が設計されています。iPad ProとApple Pencilの磁力でしっかりと装着できます。

Apple Pencilがちゃんと充電されている
Apple Pencilカバーなし
Apple Pencilカバーがあると充電不可
Apple Pencilカバーあり(反応しない)

Apple Pencilのカバーの有無でどうなるのか確認してみました。Apple Pencilのカバーありだと反応なしです。

Apple Pencilカバーを装着している状態ではApple Pencilの充電は反応しないので注意が必要

PITAKAエコシステム「PitaFlow 」へようこそ

PITAKAエコシステムとはiPadと他の磁気製品をシームレスに連携させるエコシステムのことです。

スクロールできます

MagEZ Stand

MagEZ Case 2

MagEZ Folio
PITAKAエコシステムの製品

上記のPITAKA製品に加えてAppleのMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioとの対応しています。このエコシステムの中心となるのがMagEZ Caseとなっています。

男爵

MagEZ Caseが基本となって他の製品と連携できるようになっているね!

Magic Keyboardにケースがそのまま使える

Magic KeyboardとMagEZ Case 2を並べてみた

PITAKA MagEZ Case 2の購入者の大半は、Magic Keyboardと併用で使いたい方が多いのではないでしょうか(個人定期見解)。Magic KeyboardはiPad Proを裸で装着する必要があり、併用できるケースは数多くありません。

Magic KeyboardにMagEZ Case 2を装着してみる
Magic KeyboardにMagEZ Case 2付きで装着できた

実際にMagic Keyboardに装着してみました。カタログスペック通り内蔵マグネットでしっかりと貼りつきます。

スクロールできます
MagEZ Case 2はMagic Keyboardにしっかり貼り付く
右側面
MagEZ Case 2を背面から見てもマッチしている
背面
MagEZ Case 2はMagic Keyboardの充電にも対応している
左側面

Magic Keyboard(白)とMagEZ Case 2(黒)で違いがちょうど境目が見やすくなっています。黒部分がMagEZ Case 2になりますが、サイズ感がちょうど良いことがわかりますね。

それに白黒の色の違いでそこまで違和感は感じません。白のMagic Keyboardを使っている方は2022年モデルでシルバーグレー色が登場するので要チェックです!

MagEZ Case 2022年モデルには待望のシルバーグレー色が登場!(2021年iPad Proとの互換性ありです)

Magic Keyboardを閉じてみる
閉じてみると
MagEZ Case 2を装着した状態で干渉なく閉じることができた
干渉なく閉じることができました

Magic Keyboardの開閉も問題なく行うことができます。iPad Pro背面がMagic Keyboardにくっついた後に閉じていき、問題なく閉じることができました。

Magic Keyboardと接触部分はiPad Proは裸となっているので、干渉等も一切なしです。

PITAKA MagEZ Stand

MagEZ StandはiPadの目線の高さを上げてくれる
MagEZ Stand

PITAKAにはMagEZ StandというiPad ProやAir、mini 6を目線の高さまで持ち上げてくれるスタンドがあります。使用するには

  1. MagEZ Caseを使用する
  2. 付属の磁力プレートを貼り付ける

という2つの方法があり、MagEZ Case 2はこのスタンドに対応しています。

MagEZ StandにiPad Proを装着してみた
横向き
MagEZ Standは縦向きにもなる
縦向き

磁力でしっかり貼りつき横向きと縦向きでしっかり固定することが可能です。iPad Proの大きい画面の目線の高さが上がり、Macのセカンドスクリーンとしても使用可能となります。

(おまけ)他社製カバーとは使えるの?

PITAKAさんからはMagEZ Folioという専用のSmart Folioのようなケースが販売されています。ふと「サードパーティ製のマグネットケースでも同じことできるのでは?」という疑問を持ったので試してみました。

結論は使えなくはないけど長さが少し足りないという結果が得られました。それでは見ていきましょう!

MagEZ Case 2にESRのマグネットケースを装着してみた
ESR製のマグネットケース

今回はESR製のマグネットケースで試してみます。

MagEZ Case 2は他社製ケースでも貼り付く

とりあえずマグネットケースの上にのせましたが、しっかりくっついてみます。大きさも当然ピッタリです。

カバーを閉めることは可能
Apple Pencil落下防止も閉じることができた

カバーを閉じてみましたが、端に少し届きません。iPad Pro本体 + MagEZ Case 2で少し厚みが増した分カバーの長さが足りないようです。

MagEZ Case 2に他社製ケースを使うと長さが少し足りない
端が少し足りない

端部分をズームにすると微妙に足りないことがわかります。端の長さが少し足りないので開けるときもカバーの端を持ち上げづらくなっていました。

男爵

カバーが掴みづらく開く動作もやりづらいよ。

カバーが少し浮いている
カバーが少し浮いている

さらに厚みが増したことでカバーも少し浮いてしまい、不恰好な状態となってしまいました。

この結果からPITAKA MagEZ Case 2 + Smart Folioを使いたい時は「PITAKA MagEZ Folio」をオススメします。サードパーティ製との価格差は1000円ちょいありますが、使い勝手には変えがたいものがあります。

まとめ

PITAKAのMagEZ Case 2まとめてみました。

PITAKA MagEZ Case 2
総合評価
( 4 )
メリット
  • MagEZ Case 2を中心にさまざまな製品と連携可能
  • Magic Keyboardをケース装着したまま使用可能
  • アラミド繊維の高い質感
  • 2022年モデルで白のMagEZ Caseが登場
デメリット
  • 価格が高価
  • スキンシール等を貼り付けると装着不可
  • Apple Pencilのカバーをすると充電不可

他の製品と連携する中心となるMagEZ Case 2はケースを装着したまま、Magic KeyboardやMagEZ Standを使用でき大満足でした。初のアラミド繊維でしたが触れると売れる理由を納得させる質感の高さです。

2022年iPad Pro用にシルバーグレー色のMagEZ Case 2/Case Proが登場し、背面充電にも対応するみたいなので個人的には非常に楽しみです!

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた〜!

iPad Pro関連の記事はこちら

持ち運びはこちらのバックパックを使っています

Amazonでお得に購入するには、Amazon Prime Mastercardを作成

Amazonで買い物するとき、Amazon Prime Mastercardで買い物するとお得ってご存知でしたか。

レジ→ お支払い方法 → 「Amazon Prime Mastercard」を選択

上記手順で注文すると、最大2%ポイント還元を得ることができます。

  • プライム会員の場合2%の高還元率
  • 年会費永年無料
  • コンビニ利用で1.5%還元
  • 即時審査サービスで申し込み当日から利用可能
  • 新規入会で7000ポイントプレゼント

\ 新規入会で7000ポイントGET! /

PITAKA MagEZ Case 2 レビュー | Magic Keyboardで使える保護ケース!スキンシール貼って使えるか試してみた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!
目次